安川電機、7軸アーク溶接ロボ発売、省スペース・工程統合・動作18%高速...

安川電機、7軸アーク溶接ロボ発売、省スペース・工程統合・動作18%高速化

安川電機は、アーク溶接ロボット「ARシリーズ」の新たなラインアップとして、7軸アーク溶接ロボット「MOTOMAN-AR1440E」(可搬質量6キログラム、最大リーチ1440ミリメートル)を9月3日から販売開始した。

世界各地域で異なる電圧や安全規格に対応でき、新たな制御方式を採用した新型ロボットコントローラ「YRC1000」と合わせて使用することで、ロボットのパフォーマンスを最大限に引き出すことが可能になる。

スクリーンショット 2018-09-21 16.04.47

▲MOTOMAN-AR1440EとYRC1000コントローラ

 

ARシリーズは、動作速度の高速化、可搬質量の強化、アーム形状の最適化といった特長を持つが、新製品はさらに、7軸により高品質な溶接、省スペース化、ロボットの高密度配置による工程の統合などが可能となる。

各軸の最高速度は、同社の従来機種比で最大18%向上。ロボットの手首軸を短くしたことにより、基本軸の移動量を最適化し、タクトタイムの短縮を実現する。さらに、新たな軌跡制御の採用により、軌跡誤差を80%減少した。

また、7軸制御によるアームの回り込み姿勢が可能となり、最適な溶接トーチを維持した状態で溶接が可能。周辺設備との干渉を低減するスリムアームの採用によりコンパクトサイズとなっており、中空アーム採用によりトーチケーブルをアーム内に収納が可能。

 

可搬質量を従来機種の3キログラムから6キログラムへと強化し、各種センサなども搭載できる。丸みを帯びた耐環境デザインは、溶接時に飛散するスパッタや粉塵などの堆積を軽減し、手首軸はIP67を標準採用している。

さらに、従来機器は2本必要だったロボットとコントローラ間の接続ケーブルが1本のみとなり、立ち上げ時間の短縮と、配線の少ないすっきりとした設備を実現する。

 

出典:安川電機「新型7軸アーク溶接ロボット『MOTOMAN-AR1440E』を発売開始」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ