壬生電機 電気配線用高速マルチプリンター 従来機を大幅リニューアル 使...

壬生電機 電気配線用高速マルチプリンター 従来機を大幅リニューアル 使いやすさと省コスト両立

壬生電機製作所(京都市南区)は、機能と使い勝手を追求し、従来機を大幅リニューアルした電気配線用高速マルチプリンター「MP-60N」を7月から発売した。

壬生電機_製品

 

多様な印字 1台で

配電盤、制御盤の製造業界は人手不足が深刻化しており、少しでも業務負荷を減らしたいという喫緊のニーズがある。

同社はこのニーズに応え、電気配線用プリンターの基本となる機能を大幅に見直し、使いやすさと省コストを両立した新製品を開発した。

印字ヘッドを3カ所使用可能なトリプルヘッドを採用した同製品は、サイズおよびコストを従来機比で約30%削減するとともに1台のPCで複数台の制御が可能となっており、省コストだけでなく省スペースにも貢献する。

OSはWindows10/8.1/7に対応。専用アプリケーション「ウェーブⅤ」による簡単操作が可能で、PC接続による入力、データの保存、呼び出しも容易。CSVファイルの読み込みに対応し、全カット/半カット/印字位置補正をアプリで簡単に実行できる。


「ウェーブⅤ」の操作画面▲

 

また、チューブ、記銘板、ラベルの多様な印字が1台で可能。従来機に比べ、より精細な印字ドット(8dot/ミリメートル→12dot/ミリメートル)を実現しており、さらにオプショナルパーツとの組み合わせにより、ワークに特化した専用機にカスタマイズできる。

その他の主な仕様は次の通り。

▽文字種類=数字(0~9)、英字(大文字A~Z、小文字a~z)、漢字、かな文字、記号(PC内フォント使用、種類により使用不可文字あり)▽文字方向=縦印字、横印字▽最大入力データ数=2000ライン▽印字数量設定=9999個▽印字スピード=20ミリメートル/秒~65ミリメートル/秒、標準40ミリメートル/秒

 

参考:壬生電機製作所 電気配線用高速マルチプリンター MP-60N


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ