京セラコミュニケーションシステム「Sigfox」1周年イベント

京セラコミュニケーションシステム「Sigfox」1周年イベント

京セラコミュニケーションシステムは3月16日、ANAインターコンチネンタルホテル東京で、Sigfoxサービス開始1周年を記念したイベント「KCCS IoT Conference 2018」を開催。Sigfoxの普及状況やパートナーによる活用事例等を説明した。

 

冒頭、黒瀬善仁社長とSigfoxルドビック・ル・モーンCEOが登壇し、現状を紹介。SigfoxはLPWAのひとつで、小さなデータを小さな電力で長距離伝送でき、低価格で使えることがメリットとし、世界でも18年末で60カ国、600万回線、10億人の利用が見込まれている。日本でも17年2月のサービス開始から1年で100万回線が利用されるまで拡大しているとした。

次いでパートナーセッションでは、ソラコム、NEC、ウィルポート、双日、アイ・サイナップ、ゼロスペック、ダイキン、オプテックスが各社の取り組みを解説。物流における自動受け取りボックス、空調におけるSigfox活用、北海道における家庭の灯油残量管理と配達効率化、IoT看板保守サービスなどの事例を紹介した。

 

参考:京セラコミュニケーションシステム


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ