ものづくりニュース by aperza

世界半導体装置市場規模、2017年410億ドル超へ (竹本達哉,[EE...

世界半導体装置市場規模、2017年410億ドル超へ (竹本達哉,[EE Times Japan])

ファウンドリー、メモリ、MPU、パワー、中国が引っ張る

 SEMIが2016年7月12日(米国時間)に発表した半導体製造装置市場予測によると、2016年の半導体製造装置(新品)の世界販売額は2015年比1.1%増の369億4000万米ドルに達する見込みだ。さらに、2017年は2016年から11.2%増と大幅伸長し410億8000万米ドルと、2011年以来の400億米ドル超えを果たすいう。

 2016年の半導体製造装置販売は年初から低調*)だったが、「年後半に勢いづくことが予想される」(SEMI)。販売を引っ張るのは、半導体受託製造専門企業(ファウンドリー)の設備投資をはじめ、3次元NAND型フラッシュメモリやDRAMなどのメモリ、MPU、パワー半導体の製造ライン増強だという。また、地域別では、中国での設備投資が旺盛なことを理由に挙げる。この傾向は2017年も続き、販売増の要因となる見込みだ。

*)関連記事:1〜3月の世界半導体製造装置出荷額、前年比13%減

旺盛な前工程用装置、後工程用装置は小幅成長

 装置種別では2016年、最も市場規模の大きいウエハープロセス処理装置はプラス成長となるが、テスト装置についてはほぼ横ばい、それ以外についてはマイナス成長になるという。2017年もウエハープロセス処理装置など前工程用装置は大きな伸長が見込まれるが、後工程用装置の成長は小幅にとどまる見通しだ。

装置種別市場予測
装置種別 2015年
(実績)
2016年
予測
(成長率) 2017年
予測
(成長率)
ウエハープロセス処理装置 287.8億ドル 293.3億ドル 1.9% 330.9億ドル 12.8%
テスト装置 33.3億ドル 33.6億ドル 0.9% 34.6億ドル 3.0%
組み立て&パッケージング装置 25.1億ドル 23.9億ドル ▼5.0% 24.8億ドル 4.0%
その他前工程装置 19億ドル 18.6億ドル ▼2.1% 20.5億ドル 10.2%
合 計 365.2億ドル 369.4億ドル 1.1% 410.8億ドル 11.2%

2016年、中国が韓国を抜いて2番目の規模へ

 地域別販売額では2016年、大きな市場拡大が見込まれるのが中国で、前年比30.8%伸び、64億米ドルと、台湾に次ぐ第2位の市場規模となる見通し。2015年2番目の市場規模を誇った韓国は、2016年は前年比−17.3%で3番目の市場規模になる。ただ、2017年は大幅回復し、再び中国を抜いて、2番目の市場規模になる見込みだ。

地域別市場予測
地域 2015年
(実績)
2016年
予測
(成長率) 2017年
予測
(成長率)
日 本 54.9億ドル 50.8億ドル ▼7.6% 47.2億ドル ▼7.0%
北 米 51.2億ドル 46.2億ドル ▼9.8% 49.7億ドル 7.6%
欧 州 19.5億ドル 20.7億ドル 6.2% 24.6億ドル 18.8%
台 湾 96.3億ドル 94.6億ドル ▼1.8% 100.2億ドル 5.9%
中 国 49億ドル 64.1億ドル 30.8% 72.4億ドル 12.9%
韓 国 74.6億ドル 61.7億ドル ▼17.3% 79.9億ドル 29.5%
その他の地域 19.7億ドル 31.3億ドル 58.9% 36.8億ドル 17.6%
合 計 365.2億ドル 369.4億ドル 1.1% 410.8億ドル 11.2%

 最大市場の台湾は、2016年は−1.8%とマイナス成長となるが、2017年は5.9%成長に転じて、100億米ドルを超える市場規模になると予想されている。

 日本については、2016年、2017年いずれもマイナス成長が見込まれている。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/