ものづくりニュース by aperza

三菱電機 TFT液晶モジュールWXGA サンプル提供

三菱電機 TFT液晶モジュールWXGA サンプル提供

三菱電機は、産業用カラーTFT液晶モジュール「DIAFINE(ダイアファイン)」の新製品として、計測器やハンディーターミナルなどの表示器向けに、10.1型WXGAのサンプル提供を10月1日から開始した。サンプル価格は10万円。

新製品は、高解像度・超広視野角・広い動作温度範囲で計測器の使用環境の多様化に対応する。WXGA(1280×800)の高解像度で多くの情報量を表示。上下左右170度の超広視野角は視認性を確保し、計測器の設置場所の自由度を向上。また、マイナス40℃~プラス80℃の広い動作温度範囲を実現しているうえ、超高輝度と高コントラストで屋外などの明るい場所でも視認性を確保できる。

フレームの材料および設計の最適化により、従来製品比で約12%の薄型化(厚み8.5ミリ)と約23%の軽量化(質量310グラム)に成功。ハンディーターミナルの表示器にも最適となっている。

出典:三菱電機「産業用三菱TFT液晶モジュール「DIAFINE」10.1型WXGAサンプル提供開始」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ