三菱電機 業界最速フレームレート FAカメラリリース、データと映像 同...

三菱電機 業界最速フレームレート FAカメラリリース、データと映像 同時記録

三菱電機は、装置の制御データとネットワークカメラで撮影した生産現場の映像を同時に記録する「カメラレコーダユニット」と、業界最高速200fpsの高精度録画が可能なネットワークカメラ「高速フレームレートFAカメラ」を21年1月29日から発売する。

カメラレコーダユニットは、1ユニットで装置の制御データとネットワークカメラの映像を同時に記録。ネットワークカメラの標準規格ONVIF Profile Sに対応し多種多様なカメラと接続でき、ロギング(データ記録)の開始条件と記録時間を指定するだけで簡単に設定可能。

別売のソフトウエア「MELSOFT GX Works3」との併用で、カメラ映像、制御データ、シーケンスプログラムの関連性を見える化し、容易に生産現場の装置を現地で実機確認することなく、エラー発生や設備停止の状況を事務所など遠隔から机上で確認できるようになり、トラブル発生時の解析や早期復旧、装置立ち上げ調整の容易化、装置管理者のリモートワーク推進を実現する。

高速フレームレートFAカメラは、業界最高速200fpsによって従来のネットワークカメラでは撮影が困難だった高速移動体の撮影が可能。カメラレコーダユニットと連携し、カメラとシーケンサ間の高精度な時刻同期を実現。可変焦点レンズの採用で、カメラ設置後も撮影範囲を容易に変更できる。

三菱電機
カメラレコーダユニットとFAカメラを使ったシステム構成例

 

出典:三菱電機「カメラレコーダユニット、高速フレームレートFAカメラ 発売のお知らせ」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ