三菱電機 プログラマブル表示器新モデル 耐環境性と視認性向上 寒冷や高...

三菱電機 プログラマブル表示器新モデル 耐環境性と視認性向上 寒冷や高温下で使用可能

三菱電機は、プログラマブル表示器「グラフィックオペレーションターミナル(GOT)2000シリーズ」の新製品として、耐環境性と視認性を向上し、厳しい環境での使用を実現した「耐環境性強化モデル」を5月30日から発売した。価格は27万8000円、生産台数は年間3000台。

三菱電機_耐環境性強化モデル「GT2507T-WTSD」

新製品は、前面パネルにアルミニウムを採用し、耐振動性能・耐衝撃性能をシリーズ標準モデル比で2倍以上向上しているうえ、防水・防塵規格のIP67FとIP66Fに適合し、高圧の水で洗浄できるなど防水性も強化。使用温度範囲はマイナス20℃~プラス65℃に拡大(従来モデル0℃~プラス55℃)しており、寒冷環境や高温下での使用が可能となっている。

また、7型ワイド(WVGA)の6万5536色フルカラーTFT液晶パネルの採用により、高解像度・高精細な表示を実現。さらに、紫外線を約95%カットできるフィルムを使用し、屋外での視認性と耐久性を向上。

インターフェースはEthernet 2chを標準搭載しており、生産現場のIoT化に貢献。別売りの無線LAN通信ユニットを装着することでパソコンとの無線通信も可能となる。

加えて、「GOT Mobile」機能により、パソコンやタブレットなどで設備の状態をリアルタイムに遠隔監視でき、生産現場のトータルコストを削減できるほか、タッチ操作や設定条件に合わせて音声や効果音を出力できる音声出力機能により、誤操作防止やダウンタイム短縮など、生産性の向上に寄与する。

 

出典:三菱電機 三菱電機プログラマブル表示器GOT2000シリーズ「耐環境性強化モデル」発売


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ