三菱電機「SIL2対応 二重化シーケンサ」発売 二重化システム 構築可...

三菱電機「SIL2対応 二重化シーケンサ」発売 二重化システム 構築可能

国際安全規格に適合

三菱電機は、汎用シーケンサ「MELSEC iQ-Rシリーズ二重化シーケンサ」の新製品として、国際安全規格に適合し、大規模から小規模まで柔軟に高性能・高信頼システムが構築できる「IEC61508 SIL2対応二重化シーケンサ」を10月31日から発売した。2017年度の販売目標は300台。

新製品は、SIL2プロセスCPUユニットとSIL2機能ユニットのセットと、二重化機能ユニットの組み合わせにより、SIL2対応の二重化システムを構築可能なシーケンサ。第三者認証機関であるTÜV Rheinland(テュフ・ラインランド)から社会インフラ分野向けシステムで要求される国際安全規格IEC61508 SIL2の認証を取得しており、グローバルニーズに対応する。

また、エンジニアリングソフトウエア「GX Works3」により、従来別々であった計装制御と安全制御のプログラミングを一元化。一つのCPUユニットで実行可能なため、TCO(Total Cost of Ownership)の削減に貢献する。

さらに、基本システム(SIL2プロセスCPUセット、電源ユニット、基本ベースユニット、ネットワークユニット)の二重化により、制御系で故障が発生しても、待機系に制御が切り替わり運転を継続。高信頼システムの構築が可能となっている。

価格は、プログラム容量80Kステップが67万円、同160Kが90万円、同320Kが100万円、同1200Kが120万円。

出典:三菱電機「『MELSEC iQ-RシリーズIEC61508 SIL2対応 二重化シーケンサ』発売のお知らせ


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ