三菱、IoTを活用したレーザー加工機リモートサービスを開始

三菱、IoTを活用したレーザー加工機リモートサービスを開始

三菱電機株式会社は、IoT(Internet of Things)を活用して、板金加工向けレーザー加工機の様々な情報を収集・蓄積し、遠隔地からリアルタイムで確認・診断する新サービス「iQ Care Remote4U(アイキューケアリモートフォーユー)」を4月1日に提供開始する。

0307

同社は、2003年から次世代のものづくりを実現するFA統合ソリューション「e-F@ctory(イーファクトリー)」※1 の提供を推進している。
今回、板金加工向けレーザー加工機において、e-F@ctory Alliance(イーファクトリーアライアンス)パートナ
ーである日本電気株式会社(以下NEC)のIoT技術を活用した新サービス「iQ Care Remote4U」を提供開始する。これにより、レーザー加工機の生産性向上・ランニングコスト低減などに貢献するとともに、遠隔診断による保守サービスの向上を実現する。

続き・詳細はこちら

NECのプレスリリースはこちら


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ