ものづくりニュース by aperza

ラピスセミコン 無線通信LSI LPWA2方式に対応

ラピスセミコン 無線通信LSI LPWA2方式に対応

ラピスセミコンダクタは、IoT無線通信の新分野として期待される低電力広域通信のLPWAに最適な無線通信LSI「ML7404」を開発した。

業界で初めてSIGFOXとIEEE802.15.4kの2つのLPWA方式に対応するLPWAデュアルモードを実現している。

SIGFOXはヨーロッパを中心に30カ国以上でサービス実績があり、今春から首都圏でサービスインしている。

IEEE802.15.4kは国際標準規格で、直交性を持った拡散符号によるDSSSが特長で、他の拡散無線通信方式に比べて同一システムの妨害波耐性が高く、より多くの端末をネットワーク傘下に収容できる特長がある。

 

ML7404は両規格に対応し、ガスや水道スマートメータ、センサネットワーク、構造物ヘルスモニタリング、スマート農業、防災、その他の長距離無線通信が必要な産業機器全般への搭載に適している。

またSIGFOXに対応するにあたってBPSK変調回路をハード化し、低消費電力を実現している。

2017年7月からサンプル出荷を開始。サンプル価格は1000円を予定。12月から月産10万個の量産を予定している。生産は、前工程をラピスセミコンダクタ宮城、後工程をROHM Integrated Systems(Thailand)が担う。

出典:ラピスセミコンダクタ「業界初、低電力広域通信 (LPWA) 対応 デュアルモード無線通信LSI「ML7404」を開発」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ