ユーエイ 統合型センサネットワークシステム、IoT環境 簡単構築

ユーエイ 統合型センサネットワークシステム、IoT環境 簡単構築

3つのアプリをワンストップで

ユーエイ(東大阪市)は、簡単にIoT環境を構築できる統合型センサネットワークシステムを開発し、運搬機器の稼働状況が把握できる「ユーエイ・スマートキャスター・システム」を10月20日から提供開始する。

同システムは、“データを取る” スマートキャスターや各種IoTセンサノード、“データを集める” IoTゲートウェイ、“データを活用する” 表示アプリケーション「MotionBoardクラウド」の3つをワンストップで提供する統合型ネットワークシステム。

スマートキャスターは、キャスターの回転によって発電するエナジーハーベスティング技術を採用した電池レスのキャスター。ホールセンサと加速度センサを内蔵し、運搬機器の移動距離や移動速度、振動を計測して、センシングデータをEnOcean無線通信で送信することが可能。オプションのIoTブリッジは、スマートキャスターから送信されるBLEの電波を受信し、運搬機器の測位が行える。

03-04
電磁誘導コイルとマグネットを利用して車輪の回転により電気をつくるスマートキャスター

 

IoTゲートウェイは、さまざまなEnOceanセンサ機器をブラウザで簡単に登録でき、データを収集して上位システムへ連携が可能。

MotionBoardクラウドは、ドラッグアンドドロップなどの操作でレイアウトし、ダッシュボードが作成できるクラウドサービス。センシングデータに合わせたテンプレートを用意し、収集データの可視化・分析が行える。

スマートキャスターの他、EnOceanセンサノードとして温度・湿度、CO2、照度、電流、人感、在席、開閉センサや、ON・OFFスイッチ、制御リレーなどをラインアップ。

ユーエイ

出典:ユーエイ「【新製品】ユーエイ・スマートキャスター・システム」


工場の自動化やFA・制御の専門紙として40年。ものづくりを全力で応援するオートメーション新聞編集部です。