フエニックス・コンタクト PoE接続機器 国内販売開始 60W出力、新...

フエニックス・コンタクト PoE接続機器 国内販売開始 60W出力、新規格に対応

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区)は、PoE(Power Over Ethernet)接続機器(PoEスイッチ/インジェクタ/スプリッタ)をフルラインアップし、7月9日から日本でも正式に販売を開始した。

a_0078381_web
PoE接続機器ポートフォリオ▲

 

2018年から60Wおよび90Wの供給を規定するPoE新規格「IEEE 802.3bt」の発行が予定されていることから、今回この新規格に対応した60Wまでの出力が可能な製品や、ギガビット、多ポート対応製品もそろえている。これにより、機器への通信接続と大電力供給を一本化でき、遠隔からの電源監視制御も可能になることなどから、交通インフラ、FA、ビル、照明などの制御管理システムとしての用途拡大が見込まれており、PoE需要の活性化につながるものと期待されている。

PoEスイッチは、マネージド/アンマネージドタイプを用意。ギガビット、広温度範囲対応、複数ポート、光ポート付きなど多様なバリエーションでラインアップしており、マネージドタイプは60W供給で、全体およびポート毎電力制限、電力供給スケジュール設定などのPoE管理機能を備えている。

PoEインジェクタは、イーサネットと電源を統合しPoEとして出力。単一接続ながらRJ45の他、IDC、Push-inで接続できるため、未加工ケーブルでの長さ調整や、制御盤外からのストレインリリーフ接続が可能。絶縁、サージ保護、シールド電流モニタ機能搭載モデルなどをそろえており、現場のニーズに応じた電源供給が可能となっている。

PoEスプリッタは、単一ケーブルで延長したPoE接続を通信と電源に分離。PoE非対応機器の接続を可能にする。

 

出典:フエニックス・コンタクト PoE接続機器のフルラインアップを日本国内で正式販売


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ