フエニックス・コンタクト ドイツメッセと協業、従業員の技能認定を推進

フエニックス・コンタクト ドイツメッセと協業、従業員の技能認定を推進

独・フエニックス・コンタクトと、ドイツメッセ・テクノロジーアカデミー(ハノーバー)は、従業員の技能認定教育について、今後積極的に協業していくことで合意した。

▲署名するフエニックス・コンタクト ベントCTO(右)と、ドイツメッセ リルケCEO

 

ドイツメッセ・テクノロジーアカデミーでは、テクノロジーアカデミーのトレーニングセンターで、製造業の生産方法を根本的に変革させるとみられる技術・サービスとして、ロボット工学、オートメーション、インダストリー4.0、3D印刷、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)をテーマに挙げて教育を実施している。

今回、フエニックス・コンタクトとは、インダストリー4.0に伴うデジタル化において必要となる、スキルや知識を従業員に教育することで協業した。

 

ドイツメッセ・テクノロジーアカデミーのトーマス・リルケCEOは、工業地域の開発や発展のために適格な労働者の重要性を強調し、「これからは、知識を共有する準備ができている者だけが、持続可能な成功と利益を得る」と述べている。

また、フエニックス・コンタクトのローランド・ベント最高技術責任者(CTO)は「当社はワールドワイドなインダストリアルアカデミー設立のために、ノウハウや最先端のオートメーションのソリューションで貢献したい。エネルギー消費率を大幅に削減し、生産プロセスを合理化できる分野が多くあり、現実的で実践的な研修で、研究所を共同で設計し構築していく」としている。

なお、インダストリアルアカデミーは、中国、シンガポール、南アフリカ、トルコでも活動し、地域内で専門知識を提供した最先端技術を広める活動を行っている。

出典:フエニックス・コンタクト「インダストリー4.0に適合する従業員の技能認定に関する国際協業に合意」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ