フエニックス・コンタクト、FA機器向け基板対基板コネクタ発売。あらゆる...

フエニックス・コンタクト、FA機器向け基板対基板コネクタ発売。あらゆる方向へ接続可能

フエニックス・コンタクト(横浜市港北区)は、信号およびデータ伝送用のFA機器向け基板対基板コネクタ「FINEPITCHシリーズ」の日本での販売を、1月23日から開始した。

スクリーンショット 2019-01-31 18.08.52

▲さまざまな極数、デザイン、嵌合長の長いスタッキング高さ

 

同シリーズは、さまざまな極数、デザイン、無段階のスタッキング高さによりプリント基板をあらゆる方向へ接続することができ、柔軟な機器設計に対応。また、ダブルコンタクトシステムのため、信頼性の高い接続と、はんだ付けアンカーによる耐ストレス設計となっている。

ピッチは0.8と1.27ミリを用意。0.8ミリピッチはシールド付き基板対基板コネクタで、工業用途に適した堅牢なプリント基板接続に適している。シールドは、外部から、そして外部への干渉に対して優れたEMC保護を実現。また、高速データ伝送も可能。

1.27ミリピッチはシールドなしの基板対基板コネクタで、機器内での堅牢なプリント基板接続が可能。メザニンやコプレナー接続、マザー/ドーターカード、フラットリボンケーブルとの接続を実装できる。

電流値最大1.4A、試験電圧最大500V。AC、データ伝送速度最大16Gbps。

出典:フエニックス・コンタクト「基板対基板コネクタ」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ