ものづくりニュース by aperza

ファナック「フィールドシステム」構築へ ロックウェルなど200社と連携

ファナック「フィールドシステム」構築へ ロックウェルなど200社と連携

ファナックは、ⅠoTを活用したものづくりの生産性向上に対応して、ロボットやセンサなどの周辺デバイスを接続した日本発のオープンな生産プラットフォーム「フィールド(ファナック・インテリジェント・エッジ・リンク・アンド・ドライブ)システム」を、工作機械や制御機器メーカ、IT企業など約200社と連携して開発に取り組む。年内にも第1弾を発売する。

フィールドシステムの開発には、産業用オートメーションの大手、米・ロックウェルオートメーション、情報システムの大手の米・シスコシステムズ、人工知能ソリューションのベンチャー企業、プリファードネットワークス(東京都千代田区、西川徹代表取締役)、NTTグループが中核で進める。

各社の役割は、ファナックがマシンの信頼性、品質、スピードの向上に必要な主要指標を追跡するためのセンサが埋め込まれたCNCとロボットを提供、ロックウェルとシスコは、CNC、ロボット、その他セル装置をフィールドシステムのアプリケーションに接続するためのネットワーキング、コンピューティング、セキュリティインフラストラクチャを提供、これをプリファードネットワークスのオープンなディープラーニングフレームワークやIoT向けのストリームエンジンで活用していく。また、NTTはエッジコンピューティング技術とネットワーク基盤などで協力し、フィールドシステムの早期実現と普及に取り組む。この構想には、日立製作所、オムロン、IDEC、富士電機、富士電機機器制御、アズビル、パナソニック、東芝、NECなどのFA機器メーカをはじめ、空圧機器、センサ、コネクタなどのデバイスメーカ、工作機械、ネットワークインテグレータなど、約200社が参画している。

8月29日に開いたフィールドシステムパートナーカンファレンスで、ファナックの稲葉善治代表取締役会長兼CEOは「フィールドシステムは、ものづくりシステム全体のコストを最小限にし、セキュリティ性の高いオープンなプラットフォームである。当社以外の機器も接続可能であるから、各社の得意分野で参加してもらいたい」とあいさつした。

参考:ファナック、IoTにより製造・生産の最適化を実現する FIELD system の早期確立とサービス運用開始にむけた協業に合意(7月28日)


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ