ヒューマノイドの復権

ヒューマノイドの復権

鉄腕アトムにはじまり、日本人はロボット=ヒューマノイド的なものとして捉える向きが強い。ドラえもんやガンダムといったロボットアニメや特撮ヒーローの乗るロボットもすべて人型(一部、ネコ型)で、あの影響が強いのだろう。

一方、欧米では人型ロボットはあまり多くない。一説には人型は人を作ることを連想させ、宗教的な理由からNGだという意見もある。兎にも角にも、日本人は人型ロボットが大好きだ。

 

しかしながら人型ロボットは実用性に乏しく、ビジネス的には成功しているとは言えない。例えば、移動ロボットで二足歩行はメリットが少ない。車輪やキャタピラの方が構造はシンプルで、移動安定性やスピード、小回りもきく。アームについても上半身の肩から伸びる必然性はない。下から上に伸びたり、天吊で上から下に伸びてもよく、いまはアームだけのロボットが普及している。

人の姿はあらゆる作業に対応しやすく万能ではあるが、いざビジネス向けの作業となると、万能性よりも専門性に特化した方が使い勝手が良かったりする。

現段階では人型ロボットはアカデミックな研究開発が多いのが実態だが、いまその風向きが変わりつつある。

 

日本をはじめ、いま先進国の多くで人手不足が課題とされ、その解決策としてロボットへの関心が高まっている。しかしいざ導入しようとなるとロボット用に作業と現場を変更する必要があることも多く、調査段階でハードルの高さから難色を示す例も多いという。

そんななか注目を集めているのが、既存の工程にそのまま導入できる人型ロボットだ。人型双腕ロボットNEXTAGEを販売しているTHKによると、人とまったく同じように使えることが高評価を得ており、売れ行きも順調だという。

人手不足のいま、企業が本当に求めているのは「人」だ。かつては人に近づけたことがビジネス上のデメリットとなっていた人型ロボットだが、逆に今では近づけたことがチャンスにつながっている。


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ