ハーティング モジュラー型産業用コンピュータ 幅広いプロトコルに対応

ハーティング モジュラー型産業用コンピュータ 幅広いプロトコルに対応

CC-Link IE Field Basic 認証を取得

ハーティング(横浜市港北区)は、モジュラー型産業用コンピュータ「HARTING MICA」に100Mbpsイーサネット通信プロトコルCC-Link IE Field Basicの認証を取得した。これにより、EtherNet/IP、PROFINET、EtherCATを含め幅広いプロトコルに対応する。

同製品は、フィールドデータを現場で処理してクラウドに上げ、生産データのオフィスレベルでの使用を実現。また、レトロフィットにも対応しており、古い機械と最新の設備が混在する現場でも、プロトコルを変換して同一のネットワークに接続する。

ハードウェアは、電源I/Oボード、CPUボード、そしてユーザーが自由にカスタマイズ可能な基板の3つで構成。このカスタマイズ基板にオープンネットワーク接続機能やUSB接続機能、RFIDリーダー機能などを搭載したモデルもラインアップにそろえている。

▲HARTING MICAのモジュラー構造

 

OSにはコンテナ型Linuxを採用、無償で提供されているLinuxコンテナから必要なアプリケーションを自由にインストールできる。ライセンス費用が不要なため低コストなうえ、軽量仮想化技術によりデータの高速処理が可能。CC-Link IE Field Basicネットワークには、該当する同コンテナをカスタマイズ基板にインストールすることにより対応する。

さらに、幅132×高さ86×奥行35ミリメートル、重量約700グラムの手のひらサイズのコンパクト設計、堅牢なアルミダイカストハウジングで防塵防水性IP67を備え、鉄道車両搭載の電子機器を規定したEN 50155規格にも準拠。このため、環境の厳しい機械装置や鉄道車両など、場所を問わず設置できる。

同製品は2016年初めに市場投入。ハノーバメッセによる技術革新賞「HERMES AWARD」を受賞している。

 

出典:ハーティング モジュラー型産業用コンピュータMICA、CC-Link IE Field Basicに対応


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ