トヨタマンの発想はやはりすごい!|元トヨタマンの目

トヨタマンの発想はやはりすごい!|元トヨタマンの目

トヨタ生産方式が始まって60年が経過した。

私はその創始から30年たってトヨタに入社した。

それからさらに30年が経過した。

 

この30年の工場の変化についてはすべて私の脳裏に鮮明に残っている。

この30年はIT化が極度に進化し、電子かんばん化など激しい変化があった。現在の工場を見ても、30年前の面影は微塵もない。

この私の脳裏にある変化の姿を、私は自分なりに本にまとめ出版したりしている。

 

トヨタ自体も、過去のいろいろな改善の変遷などを新しい世代に伝承していかなければならないというニーズを痛切に感じているようだ。

改善はやってしまえばラインは変更されてしまい、過去の実態は遠い宇宙の彼方へ飛んでいってしまう。

その改善を実施した人間がそこにいる間はいいが、どこかへ異動してしまったり、退職してしまったりすれば、変遷の歴史なんかはもう誰にも分からない。

 

トヨタはここに着目し、過去の歴史がいっぱい詰まった教育ラインを作ってしまったそうだ。

そのラインでは改善前の状態が再現されており、不良が発生するように作ってあるそうだ。

そこで実際に模擬作業をしてみると実際に不良ができてきて、それを目の当たりにできる。

 

「以前はこういう風なやり方をしていて不良ができてしまっていたんだ」
「それをこういう風に改善することにより克服したんだ」

というようなことが実際に体験できるのだそうだ。

そしてあるラインでは人形などを配置していて、受講生はそれらを徹底的に観察して悪い点を指摘しなければならない。

 

指摘できなければ、できるまでやらされる。

全世界のトヨタマンがそこへ呼ばれて研修を受けているそうだ。

このような教育施設は私の在職中にはなかった。

 

この話を聞いて、トヨタとは本当にすごいなと今さらながら思い知らされた。発想が実にユニークでいい。

ところで私はトヨタをやめていろいろな企業を見ることができた。

正直言って、トヨタ生産方式を完璧に理解・実践しているところは1つもなかった。

 

混流ラインなど生産工程はほぼ近い会社が1つあったが、生産性評価・問題解決手法までのトータルがトヨタ生産方式なのだから無理もない。

したがってトヨタ以外のすべての会社が、トヨタではすでにブラックボックスになってしまっている過去の部分から追体験する必要がある。

私も現在のトヨタほどユニークな方法はできないが、本にするという古典的な方法で協力していきたい。

 

元トヨタマンの目
toyota-consulting.com/” target=”_blank”>トヨタ生産コンサルティング株式会社


豊田生産コンサルティング株式会社代表取締役社長◎略歴 昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ 昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社 平成16年(2004) トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級) オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任 消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。 平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立◎トヨタでの職歴(26年)人事部人事課海外関係人事 3年/財務部経理課輸出入経理、国内債権債務管理 3年/本社工場工務部原価グループ鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年/本社工場工務部生産管理室車体・塗装・組立工場生産管理 4年/米州事業部原価企画グループ北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年/田原工場工務部原価グループ成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年/田原工場工務部生産管理室エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年◎本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。