テクニカルショウヨコハマ2018 2月7日から開催 800社・団体が出...

テクニカルショウヨコハマ2018 2月7日から開催 800社・団体が出展

神奈川県下最大級の工業技術・製品総合見本市「テクニカルショウヨコハマ2018(第39回工業技術見本市)」(主催=神奈川産業振興センター、横浜市工業会連合会、神奈川県、横浜市)が、2月7日~9日までの3日間、パシフィコ横浜(展示ホールA・B・C)で開催される。開場時間は午前10時~午後5時。入場無料(事前登録制)。

同展示会は、地域に根ざした見本市として評価されており、素材・部品・研究開発・製造および福祉・環境問題といったハードとソフトの総合的な工業見本市として首都圏に確固たる地位を築いている。

今回の出展者数は800社・団体621小間。年々出展者が増加し、会場が狭あいとなったことから、出展スペースを大幅に拡大。出展ゾーンを「加工技術」「機器・装置・製品」「研究開発」「ビジネス支援」に再編するとともに、特設ゾーンとして「ロボット」「IoT」を新設し、産業用や生活支援などのロボットに関する技術・製品や、IoTソリューションテクノロジーなどに関する技術・製品を幅広く展示する。

また、新たに「小規模企業専用コーナー」を設置。ロボット、IoT、加工技術など、多岐の分野にまたがる神奈川県の小規模企業の優れた技術・製品を集中展示する。

さらに、会期中は時流に沿ったセミナーやイベントを開催。中小製造業向けIoTや経営者のためのM&A、人材活用などをテーマとしたセミナーや、3Dプリンターを使ったデジタルものづくりの紹介、急拡大した中国市場での販路開拓を目指す「大連セミナー」など実践的なイベントが多数予定されている。

 

展示会Webサイト:テクニカルショウヨコハマ2018


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ