スリーエムと愛知産業、研磨工程のロボット化で協業。自動化ソリューション...

スリーエムと愛知産業、研磨工程のロボット化で協業。自動化ソリューション提供へ

スリーエムジャパン(東京都品川区)と愛知産業(東京都品川区)は、研磨工程の自動化・ロボット化に向けて業務提携した。スリーエムの研磨材とそれに関する技術ノウハウと、愛知産業の自動化とロボットシステムインテグレート技術を融合して自動化ソリューションを提供し、研磨市場の人手不足解消を進めていく。

研磨工程はロボット化が進んでいない工程のひとつで、その理由として作業の属人化とプログラミングの難しさがあった。今回の提携によってロボット+研磨のソリューションを開発し、研磨工程のロボット化を推進していく。

その第一弾として、愛知産業のロボット向け自動ならい機能付研削装置「AKグラインダー」に、スリーエムの研磨材を組み合わせ、さらに最適制御化した製品を開発した。

 

AKグラインダーはロボットの先端に取り付けて使う研磨ツールで、それ自身でワークの表面の状態を感知してならい作業が可能。力覚センサを使っていないので難しいティーチングが必要なく、通常のティーチング作業で熟練者の作業と同じ品質の作業ができるというもの。

両社による新製品は、AKグラインダーの研磨性能を2倍超引き上げ、さらにアルミ材の研削研磨や、「黒皮剥き」と呼ばれる溶接後のワーク表面についた酸化膜の除去といった目詰まりしやすい研磨加工でも自動化を可能にした。

はじめに金属加工業や溶接工程に対して提案を進め、自動車部品や鋳造鍛造市場へも広げていきたいとしている。

 

スリーエムジャパン研磨材製品事業部の日西勝事業部長は「研磨作業は労働集約的作業であり、危険な作業を伴う。技術の伝承も困難だ。今回の提携で溶接分野を皮切りに研磨作業工程の自動化・ロボット化を加速していく」とし、愛知産業井上博貴代表取締役社長は「AKグラインダーは研削作業を安全に効率的に行いたいというニーズに応えたロングセラー商品。溶接装置や搬送装置と組み合わせたソリューションを通じ、一層の合理化・省人化、働き方改革に貢献していく」と話している。

3M

▲愛知産業の井上社長(左)とスリーエムの日西事業部長

 

出典:スリーエムジャパン「ロボット研磨市場に参入」

出典:愛知産業「自動研削システムソリューションで研磨材大手のスリーエム ジャパンと連携」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ