シュナイダーエレクトリック スマートファクトリー検証ラボ 東京・大阪に...

シュナイダーエレクトリック スマートファクトリー検証ラボ 東京・大阪に開設

シュナイダーエレクトリックは、スマートファクトリーを実現するため提供を開始した「マシンソリューション」の導入を加速する「マシンソリューション・ラボ」を、7月2日東京に開設した。次いで27日大阪にも開設する。

同社は国内のFA事業をより強化するため2017年にインダストリー事業部を新設し、従来のプログラマブル表示器やシグナリング機器といった製品ポートフォリオに、新たにPLCやインバータなどを拡充。18年からは「包装機」「ホイスト」「空調機」「搬送機」「ポンプ」「加工機」という6つのターゲットセグメントに対して、専門知識・経験を持つエンジニアが最適なマシンの構築をサポートする「マシンソリューション」の提供を開始している。

同社のマシンソリューションは、「TVDA(Tested Validated Documented Architecture)」と呼ばれる動作検証済み、評価済み、文書化済みのアーキテクチャーのひな型を用意しているのが特長。

シュナイダーエレクトリック
インバーター・セントリックTVDAイメージ図▲

 

今回開設したラボでは、インバータ(ホイスト、ポンプ、空調機向け)、PLC(搬送機、加機向け)、モーション(包装機向け)それぞれを中心とした3構成のTVDAとソリューションに必要なハードウエアおよびソフトウエアを準備し、導入前の動作確認・検証を実施。ユーザーの仕様に最適な装置構成が容易に構築可能となるため、装置開発のコスト削減と納期短縮が実現できる。

今後は同ラボにより、年間100システム以上のマシンソリューションの導入を目指していく。

 

出典:シュナイダーエレクトリック シュナイダーエレクトリック、スマートファクトリー実装を加速する 検証ラボを開設


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ