シマデン 卓上型温度調節装置発売 業界初大容量3相タイプ

シマデン 卓上型温度調節装置発売 業界初大容量3相タイプ

シマデン(東京都練馬区)は、調節計とサイリスタ式電力調整器をコンパクトに収めた卓上型の温度調節装置として、大容量3相タイプの「DSTシリーズ」を10月1日から販売開始した。

卓上型温度調節装置は、オートチューニング機能付きPID調節計とサイリスタ式電力調整器を一体化したことにより、電熱機器に接続するだけで、サイリスタによる電力制御とリップルの無い調節が簡単に行えるもの。従来の単相タイプに加え、今回業界初の大容量3相タイプ(最大負荷37kVAまで対応)を発売した。

設定操作が赤外線通信で簡単にできる機種もそろえたほか、最大20パターンのプログラム制御が可能な機種もラインアップしている。

オプションとして、イベント接点出力、リモート設定出力、アナログ出力、RS-485/232C通信機能にも対応可能。

電流容量は、20、30、45、60、90Aをそろえている。外形寸法はH226×W417×D306ミリで、重量は11.5~14.5キロ。

研究室・実験室やプロセス用など、幅広い用途で使える。

出典:シマデン「新製品の発売開始 卓上型温度調節装置DSTシリーズ」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ