オリックス ロボットショールームカー制作

オリックス ロボットショールームカー制作

オリックス・レンテックとオリックス自動車は、複数メーカーの次世代ロボットを搭載したロボットショールームカー「移動Robot Lab.車」を共同制作した。11月初旬から福岡市を皮切りに、全国でロボットの実機体験機会を提供する「移動Robot Lab.車 全国ツアー」を開始する。

オリックス・レンテックは、2016年4月から次世代ロボットのレンタルサービス「RoboRen」を開始し、17年1月には東京技術センター(東京都町田市)にロボットショールーム「Tokyo Robot Lab.」を開設。

同ツアーは、東京までの来場が難しいユーザーに最新ロボットを間近で体験してもらうことを目的に企画。オリックス自動車が4トン トラックの調達、内装、外装ラッピングを手掛けるほか、ツアー時の各地営業所の駐車スペースの提供やスムーズな移動をサポートする。

今回は第一弾として九州・中国エリアなどの製造業やエレクトロニクス産業を中心としたユーザーを訪問する予定で、ヒト協調ロボットや追従運搬ロボットなど9メーカー10機種のロボットを展示し、ロボットの動作比較や簡易なダイレクトティーチング方法などのデモンストレーションを行う。

また、各自治体と連携し、中小企業のユーザーへ向けた体験会も実施。次世代ロボットの導入促進を支援する。

出典:オリックス・レンテック「業界初 ロボットショールームカー「移動 Robot Lab.(ロボットラボ)車」による次世代ロボット全国ツアーを開始」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ