ものづくりニュース by aperza

オムロン 米・マイクロスキャンを買収。コードリーダー強化で製造現場のI...

オムロン 米・マイクロスキャンを買収。コードリーダー強化で製造現場のIoT加速

オムロンは、米の産業用コードリーダーメーカー、マイクロスキャンシステムズ社を買収する。マイクロスキャンの親会社である英・スペクトリス社と買収額170億円で合意した。10月上旬に完了の予定。

マイクロスキャンは、2次元コードリーダーで世界3位のシェアを有するなど、産業用コードリーダーのリーディングカンパニー。欧米で高い実績を持つ。

今回の買収でオムロンは、製造現場においてあらゆるモノ(部品、機械)の情報をコード化し、多様化する消費者ニーズに応えるフレキシブルなモノづくり環境を実現するとともに、頻発する品質問題の解消をトレーサビリティで支援することで、顧客企業各社とともに安心・安全な社会づくりに取り組んでいく。

また、ビジョンシステムやロボットシステムをはじめ、同社の幅広い制御機器と組み合わせてモノづくり現場の知能化なども加速させていく計画で、2020年度には、300億円の売り上げプラス効果を見込んでいる。

マイクロスキャンは1982年設立で、売上高60億円(2016年12月期)、従業員数192人。

出典:オムロン「米・産業用コードリーダーメーカー『マイクロスキャン システムズ社』を買収」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ