オムロン 品川にFA新拠点、現場の高度化支援

オムロン 品川にFA新拠点、現場の高度化支援

オムロンは1月22日、東京・品川にFAソリューションの中核拠点となる「オートメーションセンター TOKYO(ATC-TOKYO)」をグランドオープンした。

都心のビルの一角にFAやロボット、AI、IoTといった先端技術をフル活用した工場、製造現場を再現し、製造業ユーザーにそれらを体感・実証してもらうことで製造現場の高度化やスマートファクトリーに踏み出すきっかけを提供する施設となる。

ワークや装置を持ち込んで実証・実験できる「オートメーションセンター TOKYO POC LAB(POC-TOKYO)」も近隣にオープンし、検討からリアルな装置やシステムの体感、技術習得から開発までをワンストップで請け負い、最適な制御や製造現場づくりの実現をサポートできるようになっている。

オムロンATC
開所式の様子

 

詳細レポート:オートメーション新聞「オムロン、品川にFA・自動化の支援施設ATC-TOKO開設 その狙いと日本のFA・IoT最新事情を探る」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ