ものづくりニュース by aperza

オムロンなど7社 フレキシブルファクトリーパートナーアライアンス結成

オムロンなど7社 フレキシブルファクトリーパートナーアライアンス結成

オムロンと国際電気通信基礎技術研究所、サンリツオートメイション、情報通信研究機構、日本電気、富士通、村田機械は、製造現場での無線の利活用を一層加速するため、「フレキシブルファクトリーパートナーアライアンス」を7月26日に結成した。複数の無線システムが混在する環境下での安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化を推進していく。会長はドイツ人工知能研究所(DFKI)のアンドレアス・デンゲル教授。

近年、無線通信を導入する製造現場が増加するなか、複数の無線システムが共存する工場内での利活用には、無線システム間の干渉による通信の不安定化や設備稼働への影響という大きな課題があった。

これら7つの企業・団体は、これを解決するために2015年6月から複数の稼働中の工場において無線環境の評価と無線通信の実験を実施。さらに、実際の製造現場での具体的な利用シーンを想定し、設備ごとに独立した無線システムを協調させて制御することで安定した通信を実現するための協調制御技術を、学会などを通じて広く提案してきた。

このたび今後の活動強化のため同アライアンスを結成。製造現場のIoT化の進展に伴う新たな「産業革命」への期待に応えていくとしている。

出典:富士通「工場IoT化の加速に向け、『フレキシブルファクトリパートナーアライアンス』を結成」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ