ものづくりニュース by aperza

オムロン、AI搭載制御機器を順次提供、2020年にはFA機器のAI/I...

オムロン、AI搭載制御機器を順次提供、2020年にはFA機器のAI/IoT化を完了

オムロン(本社: 京都市下京区、代表取締役社長CEO: 山田義仁)は、マシンオートメーションコントローラーなど各種ファクトリーオートメーション(FA)機器にAI/IoT技術を2020年までに順次搭載し、熟練技術者の不足、人件費高騰などモノづくり現場が抱える社会的課題の解決に取り組んでいくと発表した。

機器ごとに最適なAIアルゴリズムを選定し実装していくことが必要

オムロンは、センサー等の入力機器からモーター等の出力機器、安全対策機器やロボットに至るまで、モノづくり現場をオートメーション化するために必要な全ての機器を自社で保有する世界唯一のFA機器メーカー。

これまで、プログラマブルロジックコントローラーのアーキテクチャーを情報化に適したソフトウェアベースに刷新すると共に、EtherCAT(R)やIO-Linkなどオープンなネットワークを積極的に活用するなど、常に世界最先端の情報技術によるメリットを顧客企業に提供し続けてきた。

長年こうした顧客の現場課題を解決するためのFA機器を開発してきた経験とノウハウから、モノづくり現場における熟練技能のAI化には、機器ごとに最適なAIアルゴリズムを選定し実装していくことが必要であると主張する。

自社や顧客の生産現場でIoT活用に向けた実証実験に取り組む

現在は、オランダや中国、日本などの自社や顧客の工場の現場において、各種FA機器へのAIアルゴリズムの搭載や生産現場でのIoT活用に向けた実証実験を進めているという。

また2015年に10万点におよぶFA機器を全てIoT対応することを表明し、関連機器の発売を開始すると共に、AI搭載型モバイルロボットなどの各種産業用ロボットや世界最高水準のモーション制御技術を獲得しグローバルに提供してきた。

さらに今年4月には業界初となるAIを搭載した温度調節器を発売するなど、世界屈指の幅広いFA機器のラインアップにAIやIoT、ロボティクスなどの技術を組み合わせ、モノづくり現場の課題を解決するための商品や技術を強化している。

2020年までにFA機器のAI/IoT化を完了

今後は、IoTやAI技術をモノづくり現場で「道具」として顧客が活用できるよう、マシンオートメーションコントローラーに加えセンシング機器などにも最適なAIアルゴリズムを実装し、2020年までにFA機器のAI/IoT化を完了する計画だという。

こうしたオムロンならではのAI搭載機器やIoT化を通じて装置やラインの状態や製品の品質を保全し、“不良を作らず、止まらない”ものづくり現場を実現することで熟練技術者の不足、人件費高騰などモノづくり現場が抱える社会的課題の解決に取り組んでいくとしている。

 
出典:『“人の能力を引き出す”未来のモノづくり現場の実現へ AI搭載制御機器を2017年度から順次提供』オムロン株式会社


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。