オムロン、AI予知保全ライブラリ 止まらない設備を短期間で

オムロン、AI予知保全ライブラリ 止まらない設備を短期間で

オムロンは、最適なタイミングの保全により、止まらない設備の実現を目指す「AI予知保全ライブラリ」を10月16日から発売した。

AI予知保全ライブラリは、生産ラインや装置の制御機能とAI処理機能をリアルタイムに融合させた「AI搭載マシンオートメーションコントローラ」用の「AIコントローラ専用 Sysmac Library」の第1弾製品。予知保全を実現する上で有意なパターンを、ソフトウエア部品化している。

AIコントローラとAI予知保全ライブラリを提供することで予知保全を実現し、熟練技能者が行っていた設備の突発停止時の復旧対応や定期保全を、最適なタイミングで保全できるようにする。

 

AIコントローラが備える制御周期と同期した時系列データを収集・蓄積する時系列DB機能と、データに基づいて設備の“いつもと違う”状態を判別するAIエンジンとの組み合わせにより、予知保全を短期間で実現する。

同社はAI予知保全ライブラリに続き、“性能を最大限発揮する設備”を実現する「AIマシン最適化ライブラリ」などを順次発売していく予定。

出典:オムロン「予知保全を実現し設備の稼働率を向上する『AI予知保全ライブラリ』を発売」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ