オプテックス・エフエー、センシングリング照明新サイズ 従来比4倍の明る...

オプテックス・エフエー、センシングリング照明新サイズ 従来比4倍の明るさ

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、画像処理用センシングリング照明「OPRシリーズ」の外径サイズφ43ミリを1月21日から発売した。

スクリーンショット 2019-02-01 14.04.30

OPRシリーズは、独自技術である「FALUX sensing」搭載によって明るさの自動管理が可能なリング照明。センシング対応LED照明コントローラとの接続により、輝度のモニタリングとフィードバック制御ができる。

新製品のφ43ミリは、最新の高輝度LED採用と集光レンズの改良によって、従来比最大4倍の明るさを実現。今までよりもさらに高速なラインへの対応が可能となり、小型化が進む電子部品の高精度な外観検査に対応する。

また、アタッチメントレンズの取り外しによって、集光モードからワイドモードへの切り替えが可能。集光モードは短距離で高照度、ワイドモードは広視野に対応し、検査条件で切り替えることができる。

標準価格は、白色・青色が4万円、赤色は3万2000円。

出典:オプテックス・エフエー「明るさ従来比最大4倍を実現 センシングリング照明の外径サイズΦ43mmを発売」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ