ものづくりニュース by aperza

オプティム、直感的にIoT端末の制御やデータ解析、AIとの連携ができる...

オプティム、直感的にIoT端末の制御やデータ解析、AIとの連携ができるOSを発表

株式会社オプティムは、直感的にIoT端末の制御、データ解析、AI、クラウドサービスとの連携ができる新型OS『OPTiM Cloud IoT OS』を発表した。

『OPTiM Cloud IoT OS』のユーザーインタフェースには、デスクトップOS形式を採用し、直感的な操作を実現している。またIoT端末から取得した情報を蓄積し、標準搭載している「OPTiM IoT Explorer」画面から閲覧できるほか、収集した情報について「OPTiM Insight」が分析をおこなう。さらに人工知能やビッグデータ分析エンジンを駆使することで、あらゆる角度から分析できるという。

農業分野ではドローンを用いた害虫の検知、医療分野ではヘルスケアデバイスがバイタルデータから病気のリスクを予測、建築分野ではセンサーが取得したデータからビルの老朽化を予測できるなど、幅広い産業での活用を見込んでいる。

cloud-iot-os-img01

【搭載機能】

  • OPTiM IoT Explorer:デバイス一覧・デバイスデータ一覧
  • OPTiM Insight:データ分析
  • OPTiM SkySight:地理空間情報マッピング
  • OPTiM Cloud Vision:ネットワークカメラ映像解析
  • OPTiM Code:統合開発環境
  • OPTiM Store:IoTサービス・マーケットプレイス

 

なお提供開始は2016年夏ごろの予定とのこと。


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。