ウシオライティング 業界初 金型監視プロセスでの「3回監視」を実現

ウシオライティング 業界初 金型監視プロセスでの「3回監視」を実現

ウシオライティング(東京都中央区)は、プラスチック射出成形プロセスで、金型の破損、不良流出を防ぎ、製造ラインのサイクルアップに貢献する金型監視装置「PLUS-E PE-600」に、業界で初となる「3回監視」機能を付加させることに成功した。

「PLUS-E」は、プラスチックやダイカスト成形機の、金型からの成形品落下を監視し、残留品があれば再突出し機能によって成形機を自動復帰、あるいは停止させることで金型破損を防止。PE-600型は、高画素デジタルカラーカメラ(200万画素)を採用、業界初のデジタルカラー画像処理により成形プロセスにおける高精度な金型監視を実現している。

これまでの金型監視では、成形が完了し、型が開いたときに、「成形品の良否判定」「できあがった成形品突出し後の落下確認」という一般的なニーズに、「2回監視」機能を提供してきたが、インサート成形、2色成形などを行う際、成形品のクオリティを高めるには3回の監視が重要なファクタとなるため、同社ではこのニーズに応えるべく「3回監視」機能の開発に着手。「PLUS-E PE-600」の本体に拡張性をもたせ、搭載しているソフトウェアに改良を加えることで新機能の付加に成功した。

この機能はソフトウェアとして、「PLUS-E PE-600」を新規購入する、あるいはすでに使用中のユーザーに、オプション機能として11月上旬から販売する予定で、同社ではこれを契機に「PLUS-E PE-600」の拡販を強化、同製品の市場シェアアップにつなげていく。

なお、「3回監視」機能は、10月24日〜28日に幕張メッセで開催される「IPF Japan 2017(国際プラスチックフェア)」の同社ブースにて、国内で初めて披露される。

出典:ウシオライティング「-金型監視における新たなアプローチを提案-これまでなかった 監視プロセスでの『3回監視』を実現」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ