ものづくりニュース by aperza

ウェアラブル端末を用いた作業動態分析ソリューション、提供開始へ ([M...

2016/11/1 IT media

ウェアラブル端末を用いた作業動態分析ソリューション、提供開始へ ([MONOist])

 シーイーシーは2016年5月23日、AGC旭硝子と協業し、IoT(モノのインターネット)およびIE分野での新製品開発と、国内市場での販売を推進していくことで合意したと発表した。その第1弾として、ウェアラブル端末のスマートウォッチを活用し、工場の労働生産性を向上させる作業動態分析ソリューション「スマートロガー」を共同開発し、同年7月1日から提供する。

 今回、シーイーシーとAGC旭硝子は、これまで収集・分析に時間がかかっていた作業者の作業情報に着目。その作業分析時間を短縮するソリューションとして「スマートロガー」の共同開発に至ったという。

 スマートロガーは、スマートウォッチを装着した作業者が、工程開始前に工程ごとに設置したビーコンにスマートウォッチを近づけるだけで、作業内容や時間が自動集計される仕組みだ。

 作業者のスマートウォッチから、位置情報や作業者の動作情報を収集しデジタルデータ化する。これにより、ユーザーは「熟練作業・ノウハウの蓄積」「作業員ごとのバラつき防止」「ムダのない作業順序や最適な動作」に向けた改善に取り組みやすくなる。従来の、紙や映像ベースの作業集計・分析よりも工数を削減することができ、生産性向上や不良発生への対処が可能になるという。

 また、測位した動態データは、パソコンに取り込んで分析ができる。さらに、動線分析ソフトウェアの「RaFLOW」と連携することで、「誰が」「どこで」「何を」「どれくらい」などの詳細な分析も可能となる。

 AGC旭硝子は、スマートロガーの導入を、国内外の工場およびグループ各社で促進し、AGCグループ全体で生産性の向上を図る。シーイーシーは、自動車メーカーやサプライヤー、建機・精密機器メーカーへの販売を推進するとしている。






FAメルマガ 登録募集中!



MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/