ものづくりニュース by aperza

もふもふなスポンジ型センサー、皆なら何に使う? (庄司智昭,[EE T...

もふもふなスポンジ型センサー、皆なら何に使う? (庄司智昭,[EE Times Japan])

佐竹製作所発ベンチャーのタッチエンス

 「こんなに“もふもふ”しているセンサーは見たことがない」――

 2016年4月に幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2016(テクノフロンティア 2016)」で、佐竹製作所発ベンチャーのタッチエンスは、3次元方向の検出ができるスポンジ型センサーを展示した。あまりの“もふもふ”さに衝撃を受けて、当時書いた記事のタイトルに、そのまま“もふもふ”を使ってしまったほどだ。

 そのタッチエンスが2016年5月、クラウドファンディングサイト「Makuake」で、楽器デザイナーの中西宣人氏とともに、スポンジ型センサーを用いた電子楽器「CMG」の資金調達を開始した(同年6月7日現在、既に目標調達額の80万円を超えた)。

 4月の取材当時では、用途として人と多く接触する民生用ロボットのヒューマンインタフェースを挙げていたスポンジ型センサー。なぜ、エンターテインメント向けの展開をするのか、同社取締役でセンサー事業統括を行う丸山尚哉氏に聞いた。

ハードウェアのカスタマイズが可能

 CMGは、スポンジ型センサーを16個搭載したパッドに、なぞる/押す/たたくといったアクションを加えることで、音のコントロールができるMIDIコントローラである。



左=タッチエンスと楽器デザイナーの中西宣人氏が共同で開発する「CMG」/右=「CMG」の中には、16個のスポンジ型センサーが埋め込まれている 出典:タッチエンス

 楽器のピッチやボリューム、ハーモニーなどをXYZ軸で再現できるだけでなく、ギターやシンセサイザーのエフェクター、DJコントローラーなどの演奏を楽しむことができるという。機器側面には5つのボタンがあり、シーケンスモード/プレッシャーモード/タップモード/マルチタッチモードが選択可能だ。

 また、ハードウェアの使い方をカスタマイズすることもできる。そのため、LEDの点灯パターンやセンサー出力の利用方法をプログラミングすることで、好みにあった音楽機材を創ることが可能である(下記の動画が分かりやすい)。

 タッチエンスは開発メンバーに音楽愛好家がいたことから、2015年9月にもスポンジ型センサーを搭載した電子楽器「モニサンプル」を開発し、Makuake上で資金調達を行った。モニサンプルは、“もにもに”触って楽しむタイプの電子楽器である。しかし、プロジェクトは失敗し、モニサンプルも全く売れなかったという苦い思い出がある。

 一方、テレビ東京の「ワールドサテライトビジネス(WBS)」の「トレたま」コーナーで、モニサンプルが取り上げられたことから、中西氏からスポンジ型センサーを用いた新しい電子楽器の開発に関するコンタクトがあったという。丸山氏は当時を振り返って、「電子楽器の開発をやり直すほどのやる気は正直なかったが、中西氏が開発する楽器の見せ方や、プレゼンテーションの魅力に大きな可能性を感じた」と語る。

 丸山氏は「CMGが見据えるのは、あくまで海外市場」とする。Makuakeでの資金調達は、事前のマーケティング的な意味合いも大きい。プロジェクト公開後の評判も良く、2016年9月頃から国内で一般販売を始め、同時に海外展開も進めていくつもりだ。

 タッチエンスが“ないやる気”を起こしてまで、CMGを開発するのは中西氏との出会いだけが理由ではない。そこには、スポンジ型センサーが抱える“ある課題”が存在する。

面白いけど、使い道が分からない

 スポンジ型センサーは、基板上にLEDとフォトダイオードが搭載されており、スポンジを圧縮したときの光量の変化から圧縮量を検知する仕組みとなっている。

 丸山氏は、「スポンジ型センサーは類似品が他になく、商談相手に打ち合わせを断られることがないほど、面白いと思ってもらえることが多い。しかし、このセンサーをどのように使ったらいいか、正解がないのが課題だった」と語る。

 当初は、人と多く接触するロボット(家事や介護)のヒューマンインタフェースでの応用が想定されていた。しかし、現在は、エンターテインメント機器や自動車のシートでの活用が試作レベルも含めて検討されるなど、多くの適用分野が考えられている。

 そのため、丸山氏は「スポンジ型センサーはニーズ発の技術でないため、アプリケーションを探索する必要があった」と語る。CGMの開発も、その1つなのだ。

リーマンショックから生まれたタッチエンス

 タッチエンスは、金属部品加工メーカーである佐竹製作所のセンサー事業部門として2010年に設立。佐竹製作所がリーマンショックで業績が低迷したため、既存事業とシナジーがあり、市場の伸びが期待できる民生用ロボットに焦点を絞り、事業を開始した。

 民生用ロボットで金属部品の需要が伸び続けることは考えにくい。今後何が必要になるか仮説を立てたときに、「認識と制御」(丸山氏)があったという。認識と制御が可能になると、ロボットが人に触るといった“触覚”に当たる部分を再現できるようになるからだ。

 しかし、佐竹製作所は加工業のためエンジニアがいない。また、「業績が振るわない中でアーリーサクセスが求められたため、新たに技術を開発する時間がなかった。そのため、安くて面白い技術が得られる産学連携で進める必要があった」(丸山氏)とする。

 そこで、東京大学の柔軟触覚センサーの独占使用権を買う形で、スポンジ型センサーの事業をスタートした。2011年には、東京大学の3軸を検出できるMEMS型のセンサーの技術移転も行い、民生用ロボットにおける触覚センサーの開発を進めてきた。

 丸山氏は「MEMS型のセンサーは半導体プロセスを用いており、イニシャルコストがスポンジ型センサーよりも多く掛かるので、当社では無理かなと思っていた。しかし、日本政策金融公庫から資金面でのサポートが得られたため、MEMSセンサーを開発するめどがたった」と語る。2011年には分社化し、佐竹製作所の子会社となった。

 2011年7月には、センサー開発者である東京大学の教授らが非常勤取締役として参画。佐竹製作所が経営資源を提供し、日本政策金融公庫が資金をサポートするなど、「産学官連携のスキームで誕生した会社」(丸山氏)としている。

センサーという視点から1つの市場を

 タッチエンスが目指すのは、「いかに小さく安くすることで、今まで使うことができなかった市場にセンサーを展開すること」(丸山氏)である。スポンジ型センサーは既に、1個当たり数百円の領域を実現しているため、玩具でも使うことが可能だ。MEMS型のセンサーはまだ高いが、将来的に民生品に搭載できるレベルの価格帯にしていく。

 センサーが搭載されている事例はまだない。しかし、自動車やエンターテインメント機器、ロボットなどで量産を前提に進むプロジェクトが複数あるという。スポンジ型センサーは、「2016年中に採用事例を発表できるかもしれない」(丸山氏)とする。

 リーマンショックの影響を受けた佐竹製作所の新規事業として誕生したタッチエンス。丸山氏は「売り上げ規模でみると、まだまだ(業績に)貢献できていないのが現状だ。ブルーオーシャン(競合相手のいない領域)の市場で量産品を出すことを目的にしているため、現在の試作レベルではもうからない。佐竹製作所の業績自体は2010年から持ち直し、当時の2倍くらいの売上高がある。タッチエンスは現在、佐竹製作所の売上高の数パーセントにすぎず、早く10〜20%の売り上げを担えるように頑張りたい」と語る。

センサーという視点から1つの市場を

 丸山氏は今後もCMGのように、スポンジ型センサーがどのように使えるかをアプリケーションレベルで提案し、センサーの引き合いを多くすることが最短の距離だと考える。

 「PepperなどサービスロボットやIoT(モノのインターネット)が身近になり、センサーのニーズは非常に大きくなっている。当社は、今センサーが入っていないところに新しい機能を加え、センサーという視点から1つの市場を創造したい」(丸山氏)とした。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/