ものづくりニュース by aperza

「バーコードシンボル」とは

「バーコードシンボル」とは

バーコードシンボルとは

「バーコードシンボル」は、光学的反射率の高い部分と低い部分との組み合わせで情報を表示し、機械的に読取可能にした情報媒体の総称である。したがって、一次元シンボルと二次元シンボルを含んだ総称であり、バーコードシンボル体系と同じ意味である。

日本では、一般的にバーコードシンボル(単にバーコードと言われる)は、一次元シンボルに限定されて使用されているが、ISO/IEC規格では、二次元シンボルも含めた総称として定義されている。

また一次元シンボル、二次元シンボル、RFIDなどの情報媒体を「データキャリア」という。データキャリアは、情報を人、動物、物に付加し、これらを特定するために利用する情報媒体の総称である。

一次元シンボルとは

「一次元シンボル(liner symbol)」は、シンボルキャラクタと特定の一次元シンボルによって要求される特徴を組み合わせ画像で表示したもので、変化する平行かつ長方形のバーまたはスペースの配列によって構成され、機械的に読み取りできるバーコードシンボルである。日本では、一般的に単に「バーコード」と呼ばれており、「リニアシンボル」「一次元バーコード」とも呼ばれている。

一次元シンボルは、特定のシンボル論に基づいて、スタート・ストップコード、データキャラクタ、チェックデジットを含むシンボルキャラクタ、クワイエットゾーン、キャラクタ間ギャップ、および、他の補助パターンによって構成される。

クワイエットゾーンは、一次元シンボルの前、または後の空白部分のことで、これが少ないとバーコードリーダは、シンボルの始まりと終わりが認識できないために読み取ることができない。したがって、クワイエットゾーンは、一次元シンボルにとって極めて重要な要素である。ただし、GS1 Databarは、二次元シンボルの技術を取り入れているため、Databar Limitedを除きクワイエットゾーンなしで読み取ることができる。

チェックキャラクタ(チェックデジットとも言う)は、読取りの信頼性を向上させるために必要なデータキャラクタである。また、チェックキャラクタは、バーコードリーダで利用するばかりでなく、ホストコンピュータでのデータチェックにも利用される。

image001

 

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。