ものづくりニュース by aperza

「エクスペリエンスの時代の成功を支える」、ダッソーCEOが事業展開に手...

2016/11/1 IT media

「エクスペリエンスの時代の成功を支える」、ダッソーCEOが事業展開に手応え (朴尚洙,[MONOist])



ダッソーのベルナール・シャーレス氏

 Dassault Systemes(以下、ダッソー)の日本法人であるダッソー・システムズは2016年5月31日〜6月1日、東京都内でユーザーイベント「3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2016」を開催。同イベントに併せて、来日したダッソー社長兼CEOのBernard Charlés(ベルナール・シャーレス)氏が記者会見を行った。シャーレス氏は「今まさにエクスペリエンスエコノミー(経験経済)の時代がやってきている。われわれが2012年から提唱してきた『3Dエクスペリエンス・プラットフォーム(3D Experience Platform)』であれば、エクスペリエンスエコノミーにおける製造業の成功を助けられる」と強く訴えた。

 エクスペリエンスエコノミーでは経験が経済価値になるとされている。製造業が作り出す製品であれば、製品そのものではなく、製品を使用することで生み出されるサービスやソリューションに価値が見いだされるようになっているのだ。シャーレス氏は「デジタル化によってエクスペリエンスエコノミーが拡大を続けている。当社は、3Dエクスペリエンス・プラットフォームによって製造業がスパイラルイノベーションを起こせるようにしていく」と語る。



スパイラルイノベーションのイメージ 出典:ダッソー・システムズ

中国がスローダウンしたアジアでの成長は日本がけん引

 3Dエクスペリエンス・プラットフォームでは、製品の設計開発や生産、販売、マーケティングなど、製造業の一連のビジネスを1プラットフォームでカバーすること目指している。2012年から始めた提案活動の成果は、2015年の決算結果にも反映されているという。「売上高は2桁成長を続けており、どの競合他社よりも成長していると言っていい。特に新規のライセンス収入が成長を支えている。地域別に見ても、米国、欧州、アジアの3地域全てで2桁成長を達成した。中国市場がスローダウンしたにもかかわらず2桁成長したアジアは、日本市場の好調さによるところが大きい」(シャーレス氏)。また大口顧客の新規獲得による売上高も20%近い成長を遂げた。これは、企業買収を含めて産業ソリューションの強化に努めてきたからだという。



ダッソーの2015年の地域別売上高(左)と産業別のソフトウェア収入(右) 出典:ダッソー・システムズ

ダッソーの2015年の地域別売上高(左)と産業別のソフトウェア収入(右) 出典:ダッソー・システムズ

 顧客の多様化も進展している。従来、ダッソーの顧客は自動車や鉄道、航空宇宙といった分野が中心だったが、エネルギーやライフサイエンスといった新規分野が占める割合はソフトウェア収入の30%まで拡大している。

 ダッソーにおける日本市場の売上高成長はしばらく続く見込みだ。シャーレス氏は「日本の顧客は変革を遂げようとしているし、それを続けなければならない。各分野で見れば成功している日本の製造業だが、エクスペリエンスエコノミーで求められる分野間をつなげることによる新しいものの創造は苦手だ。3Dエクスペリエンス・プラットフォームはその手助けが可能だ」と強調する。

「ENOVIA」が成功をけん引

 シャーレス氏は、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを構成する製品群の中でも、PLMシステム「ENOVIA」の販売が好調なことを強調した。「ENOVIAの成功が全体の成長をけん引している。(ENOVIAが)伸びていないなどという話があるが間違いだ」(同氏)。

 ENOVIAは、既存のPLMシステムとしての機能に加えて、CRMやコンプライアンス管理といったエンタープライズITに近い機能も利用できるようになっている。こういった機能拡張により受注率は75%に達しており、競合他社からの置き換え需要は40%を占めている。



「ENOVIA」の採用実績(左)。ダッソーが注力を表明している12の産業分野全てで大手企業が採用している(右) 出典:ダッソー・システムズ

「ENOVIA」の採用実績(左)。ダッソーが注力を表明している12の産業分野全てで大手企業が採用している(右) 出典:ダッソー・システムズ

「IoTは古い。経験のインターネット、IoEが重要だ」



ダッソーのモニカ・メンギニ氏

 シャーレス氏とともに3Dエクスペリエンス・プラットフォームを構想した、ダッソーのエグゼクティブ・バイス・プレジデント 最高戦略責任者のMonica Menghini(モニカ・メンギニ)氏も会見に登壇した。メンギニ氏は「エクスペリエンスの時代に生きる製造業にとって、最終消費者の人生のインパクトを与えるかが重要だ」と述べる。

 またトレンドとなっているIoTについては「センサーや通信を担うIoTはもはや古い考え方だ。これから重視されるのは、IoE(Internet of Experience:経験のインターネット)だ」(メンギニ氏)とした。

 そして、エクスペリエンスの時代の製造業に求められる4つの項目を挙げた。ビジスプランそのものとなる「デザイン」、時代の最先端を行く「科学」、生産性の戦いとなる「製造」、CEO自らが推進する「マーケティング」である。



エクスペリエンスの時代の製造業に求められる4つの項目 出典:ダッソー・システムズ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/