ものづくりニュース by aperza

《難解》な若手技術者の技術報告書

《難解》な若手技術者の技術報告書

技術報告書の大切さは何度も述べているので認識されてきてはいるのですが、そもそも書かせたものの内容の意味がわからない、つまり《難解》である
というケースが非常に多いようです。

原因の一つとして真っ先に挙げられるのが、

「文章作成力不足」

です。

 

当然ながらこれは一因であることに疑いの余地はありません。

文章作成力を鍛えるのに最重要なのは文章を作成するという「経験」です。

ところが、ここで忘れられがちなことが一つだけあります。

 

それは、

「そもそもなぜこの報告書を書かなくてはいけないのかという“背景”に関する説明が不足している」

ということです。

 

自分でテーマやプロジェクトを動かすレベルにあれば、

「自分で考えていることなので、背景含めて理解している」

というのは当然のことです。

 

しかし、若手技術者の多くは、

「これやっておいて、あれやっておいて」

といわれとりあえず仕事を進め、その上で、

 

「報告書書いて」

といような仕事の振られ方をしているかもしれません。

そうすると、やったことを何となくまとめることはできたとしても、

 

「何故これをやったのか」

「この結果によって得たいものは何なのか」

というところまで思考が到達することは困難です。

 

これを能力不足と判断するのはやや勇み足というべきです。

特に多くの仕事を振られている場合、自分自身の処理能力が不足し深いところまで考える余裕がなくなります。

そこに追い打ちをかけるように、

 

「報告書の内容が意味わからないぞ」

と失跡しても若手技術者を追い詰めるだけです。

それよりも、

 

「今回やってもらったことは、こういう背景があって、こういうことを知りたいためにやってもらったことである」

ということを報告書作成前にきちんと説明することが重要です。

これにより、若手技術者を指示している指導者と同じ思考回路に近づいてきます。

 

こうなって初めて、

「文章作成力はどのくらいなのか」

ということを議論できるようになるのです。

 

技術報告書を書かせる前の背景説明。

是非、日々の業務の中で心がけてください。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/