ものづくりニュース by aperza

USB Type-C製品を拡充、コスト効率などが向上 ([EDN Ja...

2016/10/31 IT media

USB Type-C製品を拡充、コスト効率などが向上 ([EDN Japan])

 ラティスセミコンダクターは2015年8月、USB Type-CポートコントローラICファミリとして、新たに3製品を追加した。実装面積、コスト、消費電力などの効率を高めたIC製品である。スマートフォンやノートPC、周辺機器などの用途に向ける。

 新製品は、「Sil7012」、「Sil7013」及び「Sil7014」である。Sil7012とSil7013は、USB Type-Cコネクタ上で構成チャンネル(CC)とバイフェーズマークコード(BMC)メッセージングを検出してデコードを行うための機能を1チップに集積した。ディスクリート部品を不要とした。これらのUSB Type-CポートコントローラICは、既存のアプリケーションプロセッサやマイクロコントローラと組み合わせて用いることができるため、コスト低減につながるシステム設計が可能となる。

 Sil7014は、USB Type-Cでディスプレイポート(DisplayPort)を実装する場合に必要となる補助チャンネル(AUX)とホットプラグ検出(HPD)信号をサポートしている。また、Sil7013とSil7014は、複数のType-Cポートに対応することができる。

USB Type-CポートコントローラIC「Sil7012」、「Sil7013」及び「Sil7014」の外観


ラティスセミコンダクターのUSB Type-CポートコントローラIC製品群 出展:ラティスセミコンダクター

 パッケージは、Sil7012が外形寸法1.9×1.9mmの16端子CSP、Sil7013とSil7014は、3×3mmの24端子QFNでそれぞれ供給する。

 ラティスセミコンダクターは、USB Type-CポートコントローラICファミリとしてすでに、4製品を供給している。今回、新設計の3製品を追加したことで、新たな用途開拓を加速していく方針である。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/