THKの製造業向けIoTサービス『OMNIedge』がファナック『FI...

THKの製造業向けIoTサービス『OMNIedge』がファナック『FIELD system』と連携開始

THK株式会社は、2020年1月に販売を開始した製造業向けIoTサービス『OMNIedge(オムニエッジ)』の機能をさらに強化・拡大すべく、ファナック株式会社が提供する製造業向けオープンプラットフォーム『FIELD system』との連携を、2021年4月より開始する。

『OMNIedge』とは

『OMNIedge(オムニエッジ)』は、通信網を使って機械要素部品の状態を数値化し、予兆検知を実現するシステム。2020年1月に『LMガイド』からサービスを開始し、『ボールねじ』、さらに今後需要増が見込まれる回転部品(無償トライアル実施中)へと対象部品の拡大を図っている。また、サービス範囲拡充の一環として、今年2月からグローバルSIMへの対応も開始した。

THKの製造業向けIoTサービス『OMNIedge』がファナック『FIELD system』と連携開始
THKの製造業向けIoTサービス『OMNIedge』がファナック『FIELD system』と連携開始

『FIELD system』とは

『FIELD (FANUC Intelligent Edge Link & Drive) system』は、ファナックが提供するIoTプラットフォーム。CNCやロボット、各種製造装置とデバイスやセンサを接続し、製造・生産を最適化するための高度な分析機能を有する。

『OMNIedge』と『FIELD system』の連携の経緯

THKの主力製品である『LMガイド』と『ボールねじ』は、高精度位置決めが求められる工作機械や産業用ロボットに広く採用されており、ユーザーからは、精度の要となる直動部品の状態の見える化、そして予兆検知へのニーズが高まっている。
また、CNCを搭載した工作機械や、ロボットコントローラで制御するロボット搬送軸などを多台数稼働している現場では、「IoTを導入する際、統一プラットフォームで一括運用したい」という声が多く寄せられている。

これまでに販売している『OMNIedge』単体でも予兆検知は可能であったが、今回その対応範囲を産業用プラットフォームへと拡大する第一弾として、高精度の位置決めが求められる機械で採用されている『FIELD system』との連携を開始した。

まずは『OMNIedge』を搭載した部品をモニタリングする機能からスタート。次に、『FIELD system』で提供されているアプリケーションを活用した、より高い付加価値を持つ独自アプリケーションの開発を行う予定としている。

THKの製造業向けIoTサービス『OMNIedge』がファナック『FIELD system』と連携開始

特長

90個の機械要素部品と装置の同時モニタリングが可能

『FIELD system』の専用ハードウェア『FIELD BASE Pro』には『OMNIedge』のアンプ30台が接続可能で、最大で90個(30アンプ×3センサ)の機械要素部品と装置を同時にモニタリングすることができる。また、『FIELD BASE Pro』には、500社以上のパートナーが開発したアプリケーションが搭載されるため、装置同士がつながり、複数の機器が共同で製造現場の最適化に寄与する。

工作機械、ロボット搬送軸との優れた連携性

各種CNC、ロボットコントローラと『OMNIedge』の相性は抜群で、包括的な連携が可能。
例えば、CNCやロボットコントローラの制御信号を使って『OMNIedge』のデータを収集できるため、実際の設備運用とも親和性が高く、生産性向上につながるデータ活用が期待できる。

『OMNIedge』の機能・操作性を維持

すでにサービスを展開している『OMNIedge』が持つLMガイド、ボールねじの見える化機能をそのまま実装しているため、操作やモニタリングは直感的、簡単に実行できる。

今後の展望

今回の『FIELD system』との連携だけにとどまらず、『OMNIedge』の機能とサービスはそのままに、他の産業用プラットフォームへの対応も進めていくとしている。
THKは今後も、ユーザーからの評価・要望を反映しつつ、ユーザーにとって最適なソリューションサービスの拡大を図り、製造現場の持続的な生産性向上に貢献するとのこと。


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。