『AI』の記事一覧 : 189件

 2017年4月に施行される「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律」(通称:改正FIT法)によって、太陽光発電システムなどの点検・保守体制の義務化が進むことに加え、発電量の...

トップ同士がビジョン共有  NECと東京大学は2016年9月2日、戦略的なパートナーシップを結び、人工知能(AI)分野などを対象に総合的な“産学協創”を開始したと発表した。両者はこれまでも共同で技術開発などを実施してきた...

 ブレインパッドは2016年8月23日、人工知能(AI)を使った画像処理や言語処理などのビジネス活用を支援する「機械学習/ディープラーニング活用サービス」の提供を開始した。  同サービスでは、機械学習/ディープラーニング...

 横河電機は2016年8月10日、プラントなどの製造現場で使用される各種機器の調整・設定・管理ができるソフトウェア「FieldMate(フィールドメイト)R3.01」の機能を強化した「FieldMate R3.02」を発...

パビリオン新設、センサーとデータ活用に焦点  組込みシステム技術協会(JASA)は2016年8月26日、組み込み総合技術展「Embedded Technology 2016(ET2016)」と、IoT(モノのインターネッ...

 米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)は2016年8月16日(現地時間)、「先進技術におけるハイプサイクル2016年版」を発表した。  ガートナーのハイプサイクルは2000を超えるテクノロジーを119の分野に...

 川崎重工は2016年8月25日、人工知能(AI)や情報通信技術を活用してライダーと意思疎通が可能な次世代の二輪を開発すると発表した。コミュニケーションを重ねることでライダーの個性を車両に反映させ、カワサキらしい運転の楽...

 8月23日に開催した産業構造審議会の総会で、2017年度の経済産業政策の重点テーマが固まった。未来に向けた民間の投資を呼び起こすため、4つのテーマを中心に政策を展開するのと合わせて、エネルギー・電力分野の改革と福島・熊...

 産業技術総合研究所(産総研)は2016年7月29日、早稲田大学(早大)と共同で、「産総研・早大 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ(AIST-Waseda University Computa...

 CAD/CAMシステムの開発を行う日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL)は、住宅設計3次元(3D)CADシステム「DigiD(デジド)」のオプションソフトである「AIREALMEISTER(エアリアルマイスター)...

 次世代のエコカーとして注目を集めるトヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」だが、当初は車両価格が高くて生産台数も少ないため、実際に運転できる機会は限られる。そのチャンスが京都に行けば広がる。京都市が8月10日か...

 燃料電池車の開発においては、既にトヨタ自動車のMIRAIをはじめ、日本メーカーを中心に乗用車分野において量産化が行われている(関連記事)。今後はさらに大型の商用車分野においても、燃料電池化が進むと想定されている。燃料電...

10 / 16<<...89101112... >>