『安全』の記事一覧 : 270件

user name

MONOist

2016/11/1
IT media

 PEUGEOT(プジョー)は2016年4月20日(現地時間)、直感的で自然な運転経験の提供を目指してデザインした「New PEUGEOT i-Cockpit」を発表した。2012年から累計220万台に搭載したPEUGE...

パナソニック「HOSPi」  パナソニックは同社の自動搬送ロボット「HOSPi」が、生活支援ロボットの安全性に関する新たなJIS規格の認証を2016年4月20日付づけにて取得したと発表した。取得したのは「JIS B 84...

 2012年のFIT(固定価格買取制度)開始以降、日本でも太陽光発電設備の設置が増え、普及が進んだ。しかし、FITの買取価格低減やメガソーラーの最適立地の減少などが進む中、今後は建設した太陽光発電設備をいかに正しく運用し...

 三菱自動車が、「ミラージュ」「デリカ D:5」「アウトランダーPHEV」を除く全ての車種について、少なくとも2002年から、日本で認められていない手法で走行抵抗値を測定していたことが分かった。走行抵抗値は燃費測定試験を...

 2016年4月14日夜に熊本県で震度7を観測した一連の地震によって、自動車メーカーの国内生産が影響を受けている。ホンダの熊本製作所は相次ぐ余震によって設備の被害の全容が確認できない状況が続いている。トヨタ自動車、日野自...

 2016年4月14日夜にマグニチュード6.5の前震、同16日未明にマグニュチュード7.3の本震が襲った熊本、大分を中心とした九州地区に生産拠点を持つ半導体メーカー各社は、被害状況の確認を急ぐものの、断続的に続く余震の影...

 ワイヤレス給電規格「Qi(チー)」の普及を推進する業界団体「Wireless Power Consortium(WPC)」は2016年4月、東京都内で展示会とセミナーを開催し、WPC会長のMenno Treffers氏...

 日本ナショナルインスツルメンツは2016年3月31日、米National InstrumentsがIndustrial Internet Consortium(IIC)および業界各社と協力し、Time Sensitiv...

 2016年4月14日夜に発生した熊本県を震源地とする大きな地震の発生を受け、熊本県内に製造拠点を持つ半導体メーカーでは翌15日朝から、被害状況の確認を急いでいる。 地震直後から稼働停止し、安全確保  ルネサス エレクト...

 新潟市では低炭素型都市を目指し、市内の移動を自家用車から公共交通機関にシフトすることを推奨している。そこで公共交通機関の利便性を高めるべく、新しい交通システムの導入や交通結節点の整備を進めている。  新潟市は降雪量は少...

 矢野経済研究所は2016年4月14日、2020年までの電動パワーステアリングの市場調査についてまとめた。電動パワーステアリングと電動油圧パワーステアリングの合計で、2020年の市場は2015年の見込み比35.0%増の6...

 2016年4月の電力小売全面自由化をはじめとする電力システム改革により、従来地域寡占などで安定的経営を維持してきた電力やガスなどのエネルギー産業にも変革の時が訪れている。企業間競争が激しさを見せる中、競争力強化を実現す...

16 / 23<<...10...1415161718... >>