ものづくりニュース by aperza

『増設』の記事一覧 : 11件

 発電能力が230MW(メガワット)に達する日本最大のメガソーラーになる「瀬戸内Kirei太陽光発電所」の1枚目の太陽光パネルが10月4日に設置された。用地を所有する瀬戸内市の武久顕也市長が取り付け作業に参加して、合計8...

 日本アジアグループ傘下の国際航業は2016年9月2日、佐賀県唐津市に建設した太陽光発電所「佐賀・厳木(きゅうらぎ)ソーラーウェイ」の増設工事が完了したと発表した(図1)。  同発電所は唐津市厳木町地内の土地を活用した太...

 今後の成長分野として電力事業を拡大する神戸製鋼所が栃木県の真岡市(もおかし)で「神鋼真岡発電所」の工事を6月から進めている。太平洋沿岸から50キロメートル以上も離れた内陸部にあり、国内で初めて内陸型の火力発電所を建設す...

 国土交通省では「地域交通グリーン化事業」として、自動車運送事業者などに対して、電気自動車(EV)バス・タクシー・トラック、燃料電池自動車(FCV)バス・タクシーおよび、超小型モビリティの導入を重点的に支援している。  ...

 トヨタ自動車グループの素材メーカー、愛知製鋼(愛知県東海市)は、鋼材生産プロセスを工程スルーで改革する「鋼材4Sリエンジ」(Simple、Slim、Short、Straightを目指したプロセス改革)の一環として、電気...

 環境負荷の低い自動車として普及が期待される電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)。しかし、現在の主流であるガソリン車と比較した場合、さらなる普及に向けては利便性などの点に課題が残る。ユーザー側の利便性...

 NTNは2016年4月7日、能登地区における産業機械用軸受の一貫生産体制を構築するため、NTN能登製作所に熱処理工場を増設すると発表した。  同社は、リスク分散と大形軸受の生産強化のため、2007年から能登地区にNTN...

 中部電力で最大の水力発電所(揚水式の水力を除く)が3月24日に営業運転に入った。岐阜県の西部を流れる揖斐川(いびがわ)の上流に建設した「徳山水力発電所」である(図1)。2基の発電機のうち2号機が2014年5月に運転を開...

 米国マイクロソフトが推進している研究プロジェクトである「Project Natick」は、水中にデータセンターを建設し運用することを目指すものだ。2013年に着想し2014年8月から本格的にプロジェクトを開始した。最初...

◆日新電機ベトナム、装置部品第2工場を稼動開始 日新電機のグループ会社の日新電機ベトナムは、バクニン省ティエンソン工業団地に装置部品の第2工場を建設。稼働を開始した。同工場は1万697平方メートル、投資額は500万USド...

◆ホリカフーズ、9月に工場を集約。冷食生産から撤退。介護、治療食に注力 加工食品メーカーのホリカフーズ(新潟県魚沼市)は9月、現在3つある工場を2つに集約する。それにともなって外食向けの冷食生産から撤退し、介護食や治療食...