『地震』の記事一覧 : 47件

(株)鬼柳の葛西です。 今日は在庫商品の転倒防止対策について書きたいと思います。 在庫商品の棚に誰でも分かるようにということで写真入りの商品名称を書いた表示を始めたことを記事にしたことがあったと思います。   ...

user name

MONOist

2016/11/2
IT media

 ソニーは2016年11月1日、2017年3月期(2016年度)第2四半期の決算を発表。同席上で車載用イメージセンサーの今後の展望について説明した。  ソニーのイメージセンサー事業は、ハイエンドのスマートフォン向けで圧倒...

 旭化成ホームズは、上層階での店舗・事務所など商業用途が想定される4〜6階建てをメインターゲットとした中高層用ビルディングシステム「ヘーベルビルズシステム」を新たに開発したと発表した。2016年11月から一部エリア(東京...

 JR東日本の100%子会社で飲料の販売を手がけるJR東日本ウォータービジネスが「バッテリー自販機」を開発した(図1)。2008年に立ち上げた飲料向けの自販機ブランド「acure(アキュア)」のリニューアルに合わせて、J...

文化的な親和性も高い  Analog DevicesによるLinear Technology買収のように、アナログ半導体業界は寡占化が進んでいる。Intersilの買収は、一石を投じる千載一遇のチャンスだった――。  ル...

 大林組はこのほど、震度6強〜7(阪神淡路大震災クラス)に相当する地震時に効果のあるコンパクトなTMD(チューンドマスダンパー)制震装置「ペアマスダンパー」を開発した。  TMD制震装置は、建物震動時に頂部の重りが建物と...

 住友商事と埼玉県川口市は、このほど防災に関するモデル事業の実施に合意した。今後、2016年内にも川口市内の特定エリアが選定され、約280台の簡易型感震ブレーカーが設置される。  阪神淡路大震災や東日本大震災で発生した火...

 大成建設は2016年8月25日、三菱重工メカトロシステムズと共同で、長周期地震動による超高層建物の揺れを低減する屋上設置型の振子式大型制振装置「T-Mダンパー」を開発したと発表した。  2011年の東北地方太平洋沖地震...

 SAPジャパンは2016年7月27日、白山工業と協力して、スマートフォンアプリを使った簡易な震度計により、日常的に起きている軽微な地震の揺れから大地震の際の建物の揺れ方を把握・予測するシステム「my震度」を開発し、無償...

 東京大学工学部建築学部 隈研吾研究室と小松精練が2013年から実施している共同プロジェクト「サステナブル・プロトタイピング・ラボ(SPL)」は、新国立競技場の設計も手掛ける隈研吾氏(東京大学教授)と東京大学准教授の小渕...

 鹿島建設は2016年8月8日、三井物産と三井不動産が東京都千代田区大手町1丁目2番地区で推進している「OH-1計画(仮称)」で、同社が開発した制震オイルダンパー「HiDAX-R(Revolution)」が採用されると発...

 資源エネルギー庁がまとめた固定価格買取制度の導入・買取・認定状況によると、2016年4月の1カ月間に買取の対象になった電力量は48億7837万kWh(キロワット時)に達した(図1)。一般家庭の使用量(月間300kWh)...

1 / 41234