『三菱電機』の記事一覧 : 88件

 三菱電機は2016年2月17日、研究開発成果披露会を開催した。成長戦略実現に向けた開発を推進していく中で、2020年までに実現していく技術案件と、それ以降に向けた長期的な研究案件まで、幅広いテーマに取り組んでいる。その...

 三菱電機は2016年2月17日、ステアリングを自動操作して、ブレーキをかけることなく障害物を避けられる自動運転技術のアルゴリズムを開発したと発表した。時速60kmまでの速度で走行中に30m先の障害物を検知すると、自動ブ...

電流や電圧の変動から蓄電池の残量や性能劣化をリアルタイムに診断する技術を開発した (クリックして拡大) 出典:三菱電機  三菱電機は2016年2月17日、東京都内で開催した研究成果披露会において、電流や電圧の変動から蓄電...

「世界最高」の周波数利用効率  三菱電機は2016年2月、光ファイバー通信において、1組の送受信器で伝送速度1Tビット/秒(Tbps)を実現する光送受信技術を開発したと発表した*)。 *)1Tbps:1秒間でDVD約27...

 ディープラーニングを組み込み機器に――。三菱電機がディープラーニングの演算量を減らして組み込み機器単体でも実用なものとする手法を開発、2017年以降をめどに製品化する。自動車や産業用ロボット、監視カメラなどへの「人工知...

 三菱電機は2016年2月12日、無線LANと音波を活用して屋内の位置検出ができるシステムを開発したと発表した。GPSの電波が届かない駐車場や倉庫の物流管理などで、利便性の向上に貢献するという。例えば、駐車場では車を止め...

user name

MONOist

2016/10/31
IT media

 三菱電機、東京工業大学、龍谷大学、マイクロ波化学は2016年1月25日、GaN(窒化ガリウム)増幅器モジュールを加熱源とする、高効率な産業用マイクロ波加熱装置を共同開発したと発表した。  4者による共同開発は、新エネル...

喋った言葉を目に見える形に  「耳の不自由な社員や大学生のインターンが職場にいて、そういう人たちとのコミュニケーションをもっと円滑にできないかという思いが開発のきっかけだった。『しゃべり描きUI』を通じて、聴覚障がい者や...

 三菱電機は2016年2月、PM2.5(微小粒子物質)の濃度を高精度に検出することができる小型の「空気質センサー」を開発したと発表した。1つのセンサーでPM2.5と、花粉/ほこりを識別することが可能である。  新開発の空...

 2020年には500億ものモノがつながるといわれるIoTの実現が目前に迫る中、センサーから大量に収集されるデータをどのように処理するのが現実解か――。  三菱電機は2016年2月3日、安価なハードウェア構成でも100兆...

三菱電機株式会社は、汎用シーケンサ(プログラマブルコントローラ)『MELSEC iQ-R シリーズ』の新製品として、「二重化シーケンサ」を発売した。 「プロセスCPU」と「二重化機能ユニット」を組み合わせることで、冗長機...

三菱電機は、産業用カラーTFT液晶モジュール「DIAFINE(ダイアファイン)」の新製品として、耐衝撃性や耐水滴性が求められる屋外用途向けに、厚さ5mmの保護ガラス上からでも操作ができる投影型静電容量方式のタッチパネルを...

7 / 8<<...45678