ものづくりニュース by aperza

R&D投資の積み重ねが生んだハンドヘルドオシロ (庄司智昭,[EE T...

R&D投資の積み重ねが生んだハンドヘルドオシロ (庄司智昭,[EE Times Japan])

 ローデ・シュワルツ・ジャパンは2016年1月、5種類の測定器を1つの筐体(きょうたい)に納めたハンドヘルドオシロスコープ「R&S Scope Rider」を発表した。無線LAN搭載やバッテリー駆動、防水/防塵など多くの機能を搭載したことで、電子機器の設置やメンテナンス業務、開発用としても使える最適な1台という。

 オシロスコープの開発を始めてから5年と後発である同社が、多くの機能を搭載できている理由はどこにあるのだろうか。ローデ・シュワルツ・ジャパンのストラテジック・マーケット・ディベロップメント部で統括部長を務める関野敏正氏に話を聞いた。

ローデ・シュワルツ・ジャパンのストラテジック・マーケット・ディベロップメント部で統括部長を務める関野敏正氏

10ビットのA-Dコンバーターを搭載

 同製品は、これまでハイパフォーマンスオシロスコープのみにあったデジタルトリガーシステムを搭載。他にも、33種類の自動測定機能、マスク試験、XYリサージュ機能をサポートしている。波形更新速度は5万回/秒となっており、独自に開発した10ビットのA-Dコンバーターを搭載したことで縦軸の分解能を高めた。アナログ信号の入力帯域は、全ての入力チャンネルで最高500MHz帯域を確保したとしている。

 関野氏は、「世の中のオシロスコープの多くは、8ビットのA-Dコンバーターを搭載している。当社は、ハンドヘルドでは業界初の10ビットを実現したことで感度が良くなり、開発用としても活用可能だ。波形更新速度に関しても、独自のASICを開発することで、ハンドヘルドオシロスコープとして他社に負けない速度を実現した」と語る。

5種類の測定器を使用可能

ハンドヘルドオシロスコープ「R&S Scope Rider」。静電式のタッチパネルを採用し、直感的な操作を可能にしている。手袋を付けている場合や細かい操作が必要なときは、大型のキーパットやマルチファンクションホイールを使用すれば操作が可能だ 出典:Rohde Schwarz
ハンドヘルドオシロスコープ「R&S Scope Rider」。静電式のタッチパネルを採用し、直感的な操作を可能にしている。手袋を付けている場合や細かい操作が必要なときは、大型のキーパットやマルチファンクションホイールを使用すれば操作が可能だ 出典:Rohde Schwarz

 また、2チャンネルと4チャンネルモデルに加えて、ミックスドシグナル機能搭載モデルを展開。これにより、8つのデジタルチャンネルを持ち、ロジックアナライザー/トリガー、デコーディングが可能なプロトコルアナライザー、データロガ―、デジタルマルチメーター(2チャンネルモデルのみ)といった測定器としても使用可能となっている。

CAT IV 600Vの絶縁性能

 同製品は、劣悪な環境下においての現場作業においても貢献する。筐体は、IP51保護等級をクリアし、粉じんや水滴がかかるような状況下での使用が可能。電気測定器の安全規格「IEC61010-1」で規定されているカテゴリー「CAT IV 600V」「CAT III 1000V」で定められた絶縁性能を満たしたことで、高電圧環境下での作業も可能にした。

 関野氏は、「ハンドヘルドオシロスコープでCAT IV 600Vまで対応したのは、まだ当社とFlukeの2社しかない。通常、回路同士は共通のグラウンドにつながっているが、当製品はそれぞれ浮いている状態(フローティング状態)に設計を工夫したことで、高電圧を測ることができる」と語る。さらに、全ての軍用規格に準拠した機械的負荷試験も合格し、軍用機器メンテナンスにも活用できるとしている。

上から見た「R&S Scope Rider」 出典:Rohde Schwarz

無線LANを搭載

 同製品は、micro SD カードに加えて、USBやイーサネットをサポートしているため、データの保存や転送を行える。無線LANも搭載し、容易に近づくことが困難な高電圧環境下でも、スマートフォンやタブレット端末から、全ての操作メニューをwebブラウザから見ることが可能だ。「無線LANを搭載している測定器は多くない。無線LAN自体が電波を出すため、測定に影響を及ぼす場合があるからだ。当製品はシールドをしっかり行い、かつ、500MHzまでの計測なので無線LANの影響を受けない」(関野氏)とする。

無線LANを搭載しているため、高電圧環境下などでは、スマホやタブレット端末からリモートコントロールで操作も可能である 出典:Rohde Schwarz

売り上げの15%をR&Dに投資

 同製品に多くの機能を搭載できた理由として、関野氏は、専用のASIC/10ビットコンバーターを自社(ドイツ)で製造していることを1番に挙げる。「5年前にオシロスコープに参入すると決めたときに、他社との違いを出すために考えたのがASICだった。当社のデスクトップ型オシロスコープの波形更新速度は、100万回/秒。当時、そこまでの速度を実現できたのは当社しかないくらい、最先端の技術開発にこだわってきた」と語る。

 最先端の技術開発を実現できた理由として、関野氏は、毎年の売り上げ15%を研究開発(R&D)に投資していることを挙げる。「当社は株式を公開していないため、株主に影響を受けることがなく、その分製品に投資できている」(関野氏)とした。

自動車メーカーを中心に展開

 2チャンネルと4チャンネルモデル、ミックスドシグナル機能搭載モデルがあり、各モデルで周波数帯域60MHz/100MHz/200MHz/350MHz/500MHzから選択できる。本体価格は60MHzの2チャンネルモデルで、32万1000円(税別)である。関野氏は、「自動車メーカーや、ビル/工場のメンテナンス事業者を中心に拡販を進めていく」と語る。

 今後は、周波数を解析してノイズを見る「スペクトラム解析機能」や、異常が起こったときのみデータを記録する「ヒストリー機能」を追加していく予定だ。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/