「光とレーザーの科学技術フェア2018」見どころや出展社一覧をいち早く...

「光とレーザーの科学技術フェア2018」見どころや出展社一覧をいち早くお届け

2018年11月13日(火)~15日(木)の3日間、科学技術館で開催される「光とレーザーの科学技術フェア2018」。

「第3回オプティクスフェア」「第8回赤外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」「第5回分光フェア」「第5回光学薄膜フェア」「第5回紫外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」、そして新設の「第1回光・レーザー応用センサフェア」と「可視光・次世代レーザー応用ゾーン」の8つフェアで構成される光とレーザーの展示会です。

今回は国内外約140社近くが出展、4,500人もの来場者数を見込んでいます(同時開催分含む)。

本ページでは「第3回オプティクスフェア」「第8回赤外線フェア」「第3回レーザー科学技術フェア」を中心に、展示会の概要をお届けします。会期中には、展示会速報取材レポートを公開予定! ぜひチェックしてください。

前回はどんな製品や技術が出展された? Aperza Catalogが提供する展示会レポートやカタログをチェック!

製造業向けカタログポータル Aperza Catalog(アペルザ カタログ)では、展示会終了後に最新技術や業界トレンドをお伝えする展示会取材レポートや、出展企業のカタログをまとめてご覧いただけます。

現在、一昨年の2016年11月15日〜17日に科学技術館で開催された「光とレーザーの科学技術フェア2016」の特集ページを公開中!
今回と同様、「赤外線」「分光」「光学薄膜」「紫外線」「レーザー科学技術」「オプティクス」「レーザー照明・ディスプレイ」の7分野にフォーカスして開催されました。
出展企業のカタログと展示会レポートをダウンロードいただけます。ぜひ情報収集にご活用ください!

光とレーザーの科学技術フェア2016

https://www.aperza.jp/feature/page/95

 

「第3回オプティクスフェア」とは

日本の得意分野で、科学技術の研究開発を支える根幹技術であるオプティクスと試作加工技術。優れた日本の光学素子と試作加工技術が一堂に集まります。

開催概要:「第3回オプティクスフェア」

  • 名称:第3回オプティクスフェア
  • 会期:2018年11月13日(火)~15日(木) 10:00~17:00
  • 会場:科学技術館(東京・北の丸公園内)
  • 主催:(株)オプトロニクス社
  • 入場料:無料

https://www.optronics.co.jp/fair/os

出展製品

オプティクス関連製品

レンズ、ミラー、プリズム、フィルタ、回折光学素子、各種光学素子、微小光学素子、シリコンフォトニクス、分光器、干渉計、顕微鏡、望遠鏡、各種光学製品、オプティクス周辺機器・支援機器、光学材料、光学ソフト

試作加工関連製品・サービス

出展企業一覧

※2018年10月頃公開予定

 

「第8回赤外線フェア」とは

赤外材料から作られる赤外線部品、赤外線センサ、赤外画像装置、赤外線応用システムなど、幅広い赤外線関連商品を提案・紹介する専門展示会です。

開催概要:「第8回赤外線フェア」

  • 名称:第8回赤外線フェア
  • 会期:2018年11月13日(火)~15日(木) 10:00~17:00
  • 会場:科学技術館(東京・北の丸公園内)
  • 主催:(株)オプトロニクス社
  • 入場料:無料

https://www.optronics.co.jp/fair/ir/

出展製品

赤外材料・部品

赤外ガラス、赤外結晶、赤外材料、赤外フィルム/プレート、赤外レンズ、赤外フィルタ、赤外レーザー、赤外半導体レーザー、赤外LED/モジュール、赤外ランプ、赤外光源、 赤外線撮像素子、 赤外フォトダイオード、その他赤外関連材料・部品

赤外製品・システム・ソフトウェア

赤外LED照明、赤外用分光器、赤外顕微鏡/赤外線ズーム顕微鏡、赤外線厚さ計、赤外線ガス濃度センサ、赤外線放射温度センサ、熱画像計測装置、生体認証装置・検査装置、暗視装置・ナイトビジョン、画像処理ソフトウェア、その他赤外センサ、赤外線カメラ、赤外線サーモグラフィ、赤外線監視カメラ・システム、赤外線デジタルカメラ、リモートセンシングシステム、赤外線リモコン、赤外線通信システム、その他赤外関連製品・システム

その他赤外関連

熱源機器、赤外線関連周辺機器・装置、支援装置、赤外線関連コンピュータソフト、その他関連機材、部品、装置、システム

出展企業一覧

※2018年10月上旬頃公開予定

 

「第3回レーザー科学技術フェア」とは

バイオやメディカルなど様々な研究開発現場をはじめ、大学や研究機関などでも活用される光源、計測機器、顕微鏡、分析・検査装置、分光器などのレーザー製品、さらには大規模なレーザー関連システムなど、多岐にわたる製品が一堂に集まります。

開催概要:「第3回レーザー科学技術フェア」

  • 名称:第3回レーザー科学技術フェア
  • 会期:2018年11月13日(火)~15日(木) 10:00~17:00
  • 会場:科学技術館(東京・北の丸公園内)
  • 主催:(株)オプトロニクス社
  • 入場料:無料

https://www.optronics.co.jp/fair/la

出展製品

レーザー関連製品

半導体レーザー、フェムト秒レーザー、ファイバレーザー、レーザー用部品、LED、各種光源、受光素子、光ファイバ、光コネクタ、各種光受動部品、制御部品、各種レーザー製品

可視光・次世代レーザーに関する製品・技術

出展企業一覧

株式会社エイム、株式会社エス・ジー・ケイ、株式会社オプティカルソリューションズ有限会社鈴木光学、タックコート株式会社、株式会社テクニカル、日東光器株式会社、一般社団法人日本光学会、プライアー・サイエンティフィック株式会社、株式会社ベストメディア、株式会社ホッタレンズ、株式会社アートレイ株式会社アイ・アール・システム株式会社アバールデータ株式会社アルゴ、INPHENIX, INC.、ACH2テクノロジーズ株式会社、株式会社リンクスウェブ、AGC株式会社、FITリーディンテックス株式会社株式会社キーストンインターナショナル京セラ株式会社旭光通商株式会社クロニクス株式会社株式会社ケン・オートメーションジオマテック株式会社株式会社渋谷光学住友電気工業株式会社株式会社ニデック日本アビオニクス株式会社、一般社団法人日本赤外線学会、日本電気硝子株式会社株式会社ビジョンセンシング、株式会社ヒューテック、フジトク株式会社プライムテックエンジニアリング株式会社株式会社ポラテクノ守田光学工業株式会社山下マテリアル株式会社株式会社ユーカリ光学研究所リコージャパン株式会社、リコーイメージング株式会社、AkiTech LEO株式会社、オーテックス株式会社、株式会社オプトサイエンス株式会社グラビトン株式会社サンエストレーディング、株式会社大興製作所、株式会社deltafiber.jp、株式会社トリマティス、株式会社ナノコントロール、NPO法人 日本フォトニクス協議会、ネオアーク株式会社、光貿易株式会社、株式会社ルミネックス、一般社団法人レーザー学会、レーザー輸入振興協会


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。