NECA、17年度電気制御機器の出荷統計、初の7000億円超えで2年連...

NECA、17年度電気制御機器の出荷統計、初の7000億円超えで2年連続プラス

日本電気制御機器工業会(NECA)は、電気制御機器の2017年度出荷統計を発表した。出荷総額は7386億円で初の7000億円超えとなり、これまでの最高出荷額だった14年度を上回る結果となった。

前年比は751億円増(11.3%増)で2年連続のプラス。輸出比率は42.7%となり、3年連続で40%を超えた。

NECA_電気制御機器出荷統計

▲出荷総額の推移

 

品目別では、自主統計の5大品目(制御用リレー、操作用スイッチ、検出用スイッチ、制御用専用機器、PLC/FA)の全てが前年比プラス。制御用専用機器を除く4大品目では過去最高額となり、特にPLC/FAは初の1000億円超えとなった。

国内出荷額は4231億円で3年ぶりに4000億円を超えた。前年比は333億円増(8.6%増)となり、2年連続プラス。世界的に広がる景気拡大の中、企業業績の改善、設備投資の増加を背景とする順調な伸びとなった。

輸出出荷額は3155億円で初めての3000億円超えとなり、前年比418億円増(15.2%増)、4年連続で過去最高額を更新。世界的な景気拡大、設備投資増加などにより好調に推移した。

出典:日本電気制御機器工業会「2017年度年間出荷統計」


オートメーション新聞社の編集部が書き下ろす展示会のまとめ記事などのオリジナル記事を配信します。 オートメーション新聞Webはこちらから http://www.automation-news.jp/