JEMA、18年2月の産業用電機機器出荷775億円、前年同月比16カ月...

JEMA、18年2月の産業用電機機器出荷775億円、前年同月比16カ月連続増加

日本電機工業会(JEMA)は、2018年2月度の産業用汎用電気機器の出荷実績は775億円(前年同月比8.1%)、16カ月連続の前年同月比増加と発表した。アジアの設備投資、特に中国が活況であり、輸出・国内出荷ともに好調な動きとなった。主に半導体及びFPD(液晶、有機EL)の製造装置向けが好調。

回転・駆動機器の2月の出荷額は337億円(同28.7%)で、19カ月連続の同増加。三相誘導電動機(75kW以下)は17年下期から増加基調が継続し、5カ月連続の同増加。汎用インバータは、13カ月連続の同増加。サーボモータ(アンプ含む)は、半導体・FPDの製造装置向けの好調により、19カ月連続の同増加となった。

配電・制御機器は311億円(同4.2%減)、16カ月ぶりの同減少となった。標準変圧器(2000kVA以下)は、電力向けの増加は継続したが、電力以外の製造業・非製造業向けなどが減少し、3カ月ぶりの同減少に。プログラマブルコントローラは、半導体・FPDの製造装置向けの好調による前月までの18カ月連続前年同増加が小休止し、減少となった。

 
出典:日本電機工業会「産業用汎用電気機器の出荷実績 2018年2月度」


オートメーション新聞社の編集部が書き下ろす展示会のまとめ記事などのオリジナル記事を配信します。 オートメーション新聞Webはこちらから http://www.automation-news.jp/