ものづくりニュース by aperza

IoT市場を活性化する切り札となるか? センサープラットフォーム、日本...

IoT市場を活性化する切り札となるか? センサープラットフォーム、日本でも標準化狙う (馬本隆綱,[EE Times Japan])

オープン規格「M2.COM」

 Advantech(アドバンテック)は2016年6月9日、IoT(モノのインターネット)センサープラットフォームの新たなオープン規格と位置付ける「M2.COM」の展開について、東京都内で記者発表会を開催した。

 発表会には、アドバンテックの他、M2.COMのコアテクノロジーメンバーであるアームやボッシュ(ボッシュセンサーテックジャパン)、センシリオン、日本テキサス・インスツルメンツ(日本TI)及びセムテック・ジャパンの責任者/担当者らも参加し、日本市場における展開などについて述べた。

IoTのセンシング端末をより簡単に

 M2.COMは、IoTの基礎となるセンサーやセンサーノードといったセンシング端末を、容易に開発するための共通基盤となる技術である。IoT機器のリモート管理やモニタリングを可能にする無線接続機能と演算処理機能を備えた小型モジュールなどが用意されている。アドバンテックは、M2.COMをベースに日本市場におけるIoTセンシング端末の標準化促進とIoT市場の活性化を図る。

 M2.COMモジュールは、外形寸法が最小22×30mmの切手大サイズで、コネクターは標準的なM2を採用している。このモジュールは大きく分けてMCU部、無線通信部、パワーマネジメント部およびセンサー用インタフェース部と4つのブロックからなる。センサー端末に必要となる主な機能ブロックを小型モジュールに集積したことや、リソースを再利用できること、応用機器を迅速に市場投入できること、などが標準化したことによって可能となる。


 M2.COMモジュールは、IoTセンサー機器の構築に必要となるソフトウェアスタックもサポートしている。ARMのソフトウェア開発環境「mbed」やリアルタイムOSをはじめ、「LWM2M」や「OSGI」「AllJone」「MQTT」など主要なIoT通信プロトコルに対応している。上位クラウドサービスと通信するためのソフトウェアプラットフォーム「WISE-PaaS」を提供しているのも同社の強みである。

2016年6月から順次出荷

 M2.COMモジュールはまず、Wi-Fi対応の「WISE-1520」を2016年6月より出荷する。引き続き、超低消費電力ネットワーク規格「LoRa」に対応する「WISE-1510」、Bluetooth Smart対応の「WISE-1530」、LTE(Long Term Evolution)対応の「WISE-1570」などを順次、市場に投入していく計画である。

 システム評価向けに、WISE-1520を実装したIoTセンサーノードスタータキットも用意した。

「標準化された小型組み込みプラットフォームが必要」

 アドバンテックの社長兼日本地区最高責任者を務めるマイク小池氏は、「(当社のビジネス対象となる範囲に限定すれば)IoT関連市場は、2025年にほぼ1000兆円規模に達すると推定されている。需要が爆発的に立ち上がる時に、これまで提供してきたIoTゲートウェアとワイヤレスセンサーのソリューションでは十分に対応しきれない。センサー端末のための標準化された小型の組み込みプラットフォームが必要になる」と話す。このため、センサー技術や無線通信技術といったコアテクノロジーを保有するアームやボッシュなどのパートナーと連携し、日本市場においてもセンサー端末のプラットフォームとして同規格の標準化を推進していくことにした。

 さらに、M2.COMのコアテクノロジーメンバーとなっているアームやボッシュ(ボッシュセンサーテックジャパン)、センシリオン、日本TIおよびセムテック・ジャパンの責任者/担当者が、IoT関連市場に向けた自社の取り組みなどについて紹介した。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/