ものづくりニュース by aperza

IoTデータを利活用するためのクラウドサービスを提供開始 ([MONO...

2016/11/1 IT media

IoTデータを利活用するためのクラウドサービスを提供開始 ([MONOist])

 SCSKは2016年9月1日、マイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」(Azure)上で、レッドハットが提供するビジネスルールマネージメントシステム(BRMS)「Red Hat JBoss BRMS」を利用するためのサービス「Red Hat JBoss BRMS on Azure」の提供を開始した。

 同サービスでは、Azureに蓄積したIoTデータを、ルールエンジンを使って活用できるデータに加工するため、Azure上でRed Hat JBoss BRMSを利用できるソフトウェア・サブスクリプションを提供する。また、インストールや設定など、Azure上でRed Hat JBoss BRMSを使用する環境を構築するサービスも提供される。

 さらに、データを利活用するためのコンサルティングサービスも実施する。課題整理や目標作成、ルール設計から作成、レビューなど、各段階における技術支援を行うという。

 提供価格は、構築サービスとサポートを含む「Red Hat JBoss BRMS on Azure 16Core」の初年度利用料が500万円、データ利活用のコンサルティングサービスが300万円から。同社では、今後3年間で30社への提供を目指すとしている。



Red Hat JBoss BRMS on Azureイメージ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/